業 績

研究業績

著 書
  1. 中村友子,慶野 博.臨床眼科 実践メディカル眼科治療アップデート.東京:医学書院;2019 Oct(増刊号) 73(11),眼疾患における抗癌剤・免疫抑制薬療法の実践と留意点;p.25-30.
  2. 中川拓也.眼科ケア.大阪:メディカ出版;2020;22(2),現場でよく使われている眼底カメラ・OCT・OCTA;p.6-23.
  3. 追分俊彦.眼科ケア.大阪:メディカ出版;2020;22(2),疾患別撮影・読影のポイント 黄斑前膜;p.54-61.
  4. 三原美晴.ここがすごい!富山大学附属病院の先端医療.東京:バリューメディカル;2020,斜視の治療-斜視;p.122-3.
  5. 柳沢秀一郎.ここがすごい!富山大学附属病院の先端医療.東京:バリューメディカル;2020,網膜剥離と黄斑疾患の手術治療-網膜剥離・黄斑疾患;p.124-5.
  6. 林 篤志.RETINA Medicine.東京:先端医学社;2020 Oct;9(2),網膜静脈閉塞症;p.57-61.
  7. 7) 中村友子.あたらしい眼科 眼科イメージング2020 Q&A.東京:メディカル葵出版;2020 Nov(臨時増刊号)37,Ⅱ網膜・硝子体 4.ぶどう膜炎 ぶどう膜炎におけるadaptive opticsの活用法について教えてください;p.210-7.
原 著
  1. Mihara M, Hayashi A, Kakeue K, Tamura R. Longitudinal changes in binocular coordination of smooth pursuit in patients with intermittent exotropia after strabismus surgery. JAAPOS. 2020 Feb;24(1):20.e1-7.
  2. Tojo N, Hayashi A. Can a contact lens sensor predict the success of trabectome surgery?. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2020 Apr; 258(4):843-50.
  3. Tabuchi Y, Maekawa K, Torigoe M, Furusawa Y, Hirano T, Minagawa S, Yunoki T, Hayashi A. HIKESHI silencing can enhance mild hyperthermia sensitivity in human oral squamous cell carcinoma HSC-3 cells. Int J Mol Med. 2020 Apr 28;46(1):58-66.
  4. Tojo N, Numata A, Hayashi A. Factors influencing the reduction in corneal endothelial cells after Ex-Press® surgery. Int Ophthalmol. 2020 May;40(5):1201-8.
  5. Yamazaki H, Yunoki T, Tojo N, Hayashi A. Effectiveness of Blepharoptosis Surgery in Patients With Deepening of the Upper Eyelid Sulcus. J Craniofac Surg.2020 Jul-Aug;31(5):1284-6.
  6. Tojo N, Hayashi A. The results of Baerveldt glaucoma implant surgery performed with the scleral flap and patch technique. Eur J Ophthalmol. 2020 Jul 30; doi 1120672120946279; 10.1177/1120672120946279.
  7. Tojo N, Otsuka M, Hayashi A. Comparison of trabectome and microhook surgical outcomes. Int Ophthalmol. 2020 Aug 27; doi 10.1007/s10792-020-01548-5.
  8. Otsuka M, Hayashi A, Tojo N. Questionnaire survey on complications during 24-h measurement of intraocular pressure-related patterns with a contact lens sensor. Int Ophthalmol. 2020 Aug;40(8):1963-8.
  9. Matsumae H, Morizane Y, Yamane S, Yanagisawa S, Sakurai T, Kobori A, Imai H, Kanzaki Y, Suzuki F, Kadonosono K, Hayashi A, Shiraga F, Kuriyama S. Inverted Internal Limiting Membrane Flap versus Internal Limiting Membrane Peeling for Macular Hole Retinal Detachment in High Myopia. Ophthalmol Retina. 2020 Sep; 4(9): 919-26.
  10. Tojo N, Hayashi A. The Outcomes of Trabectome Surgery in Patients with Low, Middle, and High Preoperative Intraocular Pressure. Clin Ophthalmol. 2020 Nov 27;(14):4099-108.
  11. Fukusima M, Yunoki T, Otsuka M, Hayashi A. Association of Deeperning of the Upper Eyelid Sulcus with the Incidence of Blepharoptosis after Glaucoma Filtration Surgery. Semin Ophthalmol. 2020 Dec 24;1-4:doi 10.1080/08820538.2020.1863435.
  12. 阿部慎也,林 顕代,荒川真由美,林 篤志.コミュニケーションロボットを用いた外来業務の効率化.眼科手術.2020 Jan;33(1):139-41.
  13. 東條直貴.トリガーフィッシュ®による眼圧変動測定.眼科手術.2020;33(3):401-4.
  14. 濵田瑞綺,コンソルボ上田朋子,追分俊彦,林 篤志.Pachychoroid neovasculopathyに対するhalf-time光線力学療法.眼科.2020 May;62(5):511-7.
症例報告
  1. Nagai T, Yunoki T, Hayashi A. Lacrimal Gland Amyloidosis in an Elderly Patient. Case Rep Ophthalmol. 2020 Mar 6;11(1):100-5.
  2. Tachino H, Takakura H, Shojaku H, Fujisaka M, Fuchizawa C, Hayashi A. Lacrimal Drainage System Obstruction Following Inferior Turbinate Surgery. CASE REPORT ARTICLE. 2020 Oct 15;doi.org/10.3389/fsurg.2020.590988.
  3. 高田雄太,矢合隆昭,コンソルボ上田朋子,林 篤志.中心性漿液性脈絡網膜症に対してhalf-time PDTを施行後にCNVを生じた1例.眼科.2020 Feb;62(2):173-8.
総 説
  1. 田渕圭章,柚木達也.Hikeshiを標的としたがん温熱療法の可能性.Thermal Med.2020 Dec;36:91-9.
学会報告
  1. Mihara M, Hayashi A, Kakeue K, Tamura R. Changes in the binocular coordination of saccadic eye movement and smooth pursuit in patients with acute acquired comitant esotropia after strabismus surgery. ARVO 2020 annual Meeting;2020 May 3- 7;Baltimore (online presentation).
  2. Kakeue K, Mihara M, Hayashi A. Utility of a cheiroscope to test simultaneous perception and fusion. ARVO 2020 annual Meeting;2020 May 3-7;Baltimore (online presentation).
  3. 大塚光哉.専門医試験受験体験談.第70回福井県眼科集談会;2020 Jan 11;福井.
  4. 澁谷法子,東條直貴,林 篤志.術前眼圧16mmHg以下の原発性開放隅角緑内障におけるExpressの治療成績.第43回日本眼科手術学会学術総会;2020 Jan 24-26;東京.
  5. 沼田彩花,東條直貴,林 篤志.Ex-press挿入部位と角膜内皮細胞減少の相関.第43回日本眼科手術学会学術総会;2020 Jan 24-26;東京.
  6. 東條直貴.Ex-pressを用いた濾過手術のメリット、デメリット.第43回日本眼科手術学会学術総会;2020 Jan 24-26;東京.
  7. 柚木達也,平野哲史,古澤之裕,田渕圭章,林 篤志.眼瞼脂腺癌における網羅的miRNA発現解析.第124回日本眼科学会総会;2020 Apr 27-May 18;東京(オンライン) .現地開催2020 Apr 16-19.
  8. 大塚光哉,東條直貴,林 篤志.Ex-pressとBaerveldtの治療成績の比較.第124回日本眼科学会総会;2020 Apr 27-May 18;東京(オンライン).現地開催2020 Apr 16-19.
  9. 福島正樹.外傷性視神経症に対するステロイド投与の治療結果.第124回日本眼科学会総会;2020 Apr 27-May 18;東京(オンライン).現地開催2020 Apr 16-19.
  10. 三原美晴.Longitudinal changes in binocular coordination of smooth pursuit in patients with intermittent exotropia after strabismus surgery. 第76回日本弱視斜視学会総会 第40回日本斜視弱視学会賞(弓削賞)受賞講演;2020 Jul 3-16;大阪(オンライン).
  11. 掛上 謙,三原美晴,林 篤志.同時視、融像検査としてのカイロスコープの有用性.第76回日本弱視斜視学会総会;2020 Jul 3-16;大阪(オンライン).
  12. 大塚光哉,本多祐樹,林 篤志.緑内障眼に対するトラベクレクトミー術後の乳頭血管密度変化と眼圧変化の関係の検討.第71回福井県眼科集談会;2020 Sep 12;福井(オンライン).
  13. 大塚光哉,本多祐樹,林 篤志.緑内障眼に対するトラベクレクトミー術後の乳頭血管密度変化と眼圧変化の関係の検討.第31回日本緑内障学会;2020 Nov 5-19;大分(オンライン).現地開催2020 Oct 2-4.
  14. 東條直貴,林 篤志.露出させないロングチューブ.第31回日本緑内障学会;2020 Nov 5-19;大分(オンライン).現地開催2020 Oct 2-4.
  15. 沼田彩花,阿部慎也,中村友子,コンソルボ上田朋子,林 篤志.加齢黄斑変性症例における抗VEGF薬による脈絡膜新生血管面積の変化.第74回日本臨床眼科学会;2020 Nov 5-25;東京(オンライン).現地開催2020 Oct 15-18.
  16. 本多祐樹,阿部慎也,中村友子,コンソルボ上田朋子,林 篤志.滲出型加齢黄斑変性症に対する抗VEGF薬治療の8年の成績.第74回日本臨床眼科学会;2020 Nov 5-25;東京(オンライン).現地開催2020 Oct 15-18.
  17. 澁谷法子,コンソルボ上田朋子,沼田彩花,本多祐樹,阿部慎也,柳沢秀一郎,林 篤志.抗血管内皮増殖因子薬で治療された近視性脈絡膜新生血管の3年経過.第74回日本臨床眼科学会;2020 Nov 5-25;東京(オンライン).現地開催2020 Oct 15-18.
  18. 阿部慎也,中村友子,奥村詠里香,岡田アナベルあやめ,林 篤志.Vogt・小柳・原田病における脈絡膜血流の長期経時変化.第74回日本臨床眼科学会;2020 Nov 5-25;東京(オンライン).現地開催2020 Oct 15-18.
  19. 中山真紀子,慶野 博,渡邊交世,安藤良将,林 勇海,阿部慎也,岡田アナベルあやめ.原田病初発例における中心窩下脈絡膜厚を指標とした臨床像の検討.第74回日本臨床眼科学会;2020 Nov 5-25;東京(オンライン).現地開催2020 Oct 15-18.
  20. 四宮加容,杉山能子,佐藤美保,三原美晴,木村亜紀子.斜視教室-2時間目.第74回日本臨床眼科学会;2020 Nov 5-25;東京(オンライン).現地開催2020 Oct 15-18.
  21. 掛上謙,三原美晴,田村了以,林 篤志.両眼開放後の融像過程における衝動性眼球運動と輻湊幅の関係.第58回日本神経眼科学会総会;2020 Nov 6-14;名古屋(オンライン).現地開催2020 Nov 6-7.
  22. 片山壽夫,米脇克哉,豊田葉子,土田真紀,三原美晴.三歳児健診での他覚的屈折機器の導入について-富山県全域への導入を目指して-.第51回全国学校保健・学校医大会;2020 Nov 14;富山(オンライン).
  23. 小沢玲子,小沢正康,宮腰晃央,稗田 牧,小堀 朗.形状解析を用いた乱視矯正の治療選択-3.第82回富山眼科集談会;2020 Nov 15;富山(オンライン).
  24. 金澤優伸,掛上 謙,三原美晴,柚木達也,林 篤志.眼窩壁骨折術前後における眼球運動サッケードの検討.第82回富山眼科集談会;2020 Nov 15;富山(オンライン).
  25. 宮腰晃央,仁井見英樹,上野智浩,柳沢秀一郎,北島 勲,林 篤志.Tm mapping法を用いた眼内炎起炎菌の迅速な同定・定量法の有用性.第82回富山眼科集談会;2020 Nov 15;富山(オンライン).
  26. 入江真理,堀惠一,長井久恵,今井睦人,高島 豊,片山壽夫,林 篤志,追分 俊彦.富山県スマートサイト活動報告.第82回富山眼科集談会;2020 Nov 15;富山(オンライン).
  27. 高田雄太,柳沢秀一郎,阿部慎也,コンソルボ上田朋子,林 篤志.重症網膜剥離に対するSO併用PFCL短期留置後にSO抜去困難となった1症例.第59回日本網膜硝子体学会総会;2020 Dec 14-28;福岡(オンライン).現地開催2020 Nov 27-29.
その他
  1. 林 篤志.黄斑疾患の新しい検査と治療.Senju Ophthalmic Seminar2020 in SAGA;2020 Feb 8;佐賀.
  2. 林 篤志.よくわかる最近の眼科治療.下新川郡医師会生涯教育講座;2020 Feb 20;富山.
  3. 阿部慎也.診断治療に苦慮している、片眼性ぶどう膜炎.第9回とやまぶどう膜炎治療研究会;2020 Feb 21;富山.
  4. 三原美晴.小児の視機能発達をアシストするために.第48回とやま眼科学術講演会;2020 Feb 29;富山.
  5. 三原美晴.もつと好きになりたい!小児の眼科検査と診察.富山県眼科医会スタッフ講習会;2020 Mar 1;富山.
  6. 宮腰晃央.知りたい!治療の最前線 多焦点眼内レンズで眼鏡フリーも可能に.北日本新聞(朝刊).2020 May 12:13.
  7. 大塚光哉.緑内障のレーザー治療.第10回富山前眼部クリニック(高岡);2020 May 14;富山.
  8. 宮腰晃央.とやま角膜外来での治療指針2020.第10回富山前眼部クリニック(高岡);2020 May 14;富山.
  9. 柚木達也.『DUESの病態について-眼形成の立場から-』.第73回富山眼科開業医臨床懇話会;2020 Aug 6;富山.
  10. 林 篤志.丈夫がいいね 第81部 目を健やかに 視神経炎.北國新聞(朝刊).2020 Aug 8:21.
  11. 林 篤志.丈夫がいいね 第81部 目を健やかに ぶどう膜炎.北國新聞(朝刊).2020 Aug 9:13.
  12. 宮腰晃央.ヒト乾燥羊膜を用いた角膜再生医療.富山大学サマースクール創薬・製剤コース;2020 Sep 7-Dec 25;富山(オンライン).
  13. 林 篤志.新型コロナウィルス感染症 最後の砦―富山大学附属病院の今後の展望―.富山新聞政経文化懇話会9月例会;2020 Sep 11;富山.
  14. 本多祐樹.『AMD症例』.第11回北陸AMDカンファレンス;2020 Oct 24;富山 京都.(オンライン)
  15. 三原美晴.新型コロナウィルス おうち時間の増加と子どもの眼の病気 後天性内斜視とは?.北日本放送 いっちゃんKNB いっちゃんメディコ.2020 Oct 5,12,19;富山.
  16. 林 篤志.黄斑疾患の新しい検査と治療.第93回香川大学眼科研究会;2020 Oct 10;香川(オンライン).
  17. 林 篤志.高齢社会の眼の病気.声のライブラリー友の会創立50年記念行事;2020 Oct 25;富山.
  18. 柳沢秀一郎.網膜剥離の治療.第74回富山眼科開業医臨床懇話会;2020 Nov 5;富山.
  19. コンソルボ上田朋子.富山大学におけるブロルシズマブの使用経験.Novartis Pharma Web Symposium;2020 Dec 17;富山(オンライン).
  20. 安宅ひなの.蛍光眼底造影検査 撮影原理と造影所見について.富山大学附属病院眼科 視能訓練士学習会;2020 Dec 28;富山.
著 書
  1. 宮腰晃央.羊膜移植.特集 眼科の先進的医療Up to Date.あたらしい眼科.2019;36(11);p. 1345-50.
  2. コンソルボ上田朋子.黄斑疾患のリハビリ(中心窩外固視訓練).眼科.2019 Nov;61(12);p. 1399-403.
原 著
  1. Mihara M, Hayashi A, Fujita K, Kakeue K, Tamura R. Horizontal SaccadicVelocity in Patients with Exotropia before and after Unilateral Resection and Recession Surgery. J Ophthalmol. 2019 Feb 13; 2019: 1374917. doi: 10.1155/2019/1374917.
  2. Ueda-Consolvo T, Ozaki H, Nakamura T, Oiwake T, Hayashi A. The association between cone density and visual function in the macula of patients with retinitis pigmentosa. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2019 Sep; 257(9): 1841-46.
  3. Nakamura T, Hayashi A, Oiwake T. Long-term changes of retinal pigment epithelium in the eyes with Vogt-Koyanagi-Harada disease observed by adaptive optics imaging. Clin Ophthalmol. 2019 May 31; 13: 927-33.
  4. Tojo N, Hayashi A, Otsuka M. Evaluation of Early Postoperative Intraocular Pressure for Success after Ex-Press Surgery. J Curr Glaucoma.Pract. 2019 May-Aug; 13(2): 55-61.
  5. Tojo N, Hayashi A, Otsuka M. Factors related to filtration-bleb morphology after Ex-PRESS (®) surgery. Indian J Ophthalmol. 2019 Sep; 67(9): 1439-46.
  6. Tojo N, Hayashi A. Influence of Ocular Dimensional Change on 24-HourIntraocular Pressure Measurement With Contact Lens Sensor. J Glaucoma. 2019 Sep; 28(9): 808-10.
  7. Yunoki T, Miyakoshi A, Otsuka M, Hayashi A. Clinicopathological features of considerable reduction in androgen receptor expression in sebaceous gland carcinoma of the eyelid. Int Ophthalmol. 2019 Aug; 39(8): 1703-8.
  8. Yunoki T, Hirano T, Tabuchi Y, Furusawa Y, Torigoe M, Nakajima T, Imura J, Hayashi A. CDKN2A, CDK1, and CCNE1 overexpression in sebaceous gland carcinoma of eyelid. Int Ophthalmol. 2019 Sep 30. doi: 10.1007/s10792-019-01185-7.
  9. Otsuka M, Yunoki T, Ozaki H, Tachino H, Takakura H, Shojaku H, Hayashi A. Prognostic Factors for Postoperative Visual Acuity in Patients with Rhinogenic Optic Neuropathy. J Ophthalmol. 2019 doi.org/10.1155/2019/3417425.
  10. Tojo N, Otsuka M, Hayashi A. Comparison of intraocular pressure fluctuation before and after cataract surgeries in normaltension glaucoma patients. Eur J Ophthalmol. 2019 Sep; 29(5): 516-23.
  11. Tojo N, Hayashi A, Otsuka M. Correlation between 24-h continuous intraocular pressure measurement with a contact lens sensor and visual field progression. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2019 Oct 28. doi: 10.1007/s00417-019-04487-9.
  12. Yunoki T, Tojo N, Oiwake T, Otsuka M, Hayashi A. Glaucoma Filtering Bleb Analysis Before and After Aponeurotic Blepharoptosis Surgery. Ophthalmic Plast Reconstr Surg. 2019 Oct 4. 10.1097/IOP.0000000000001456.
  13. Hirano T, Minagawa S, Furusawa Y, Yunoki T, Ikenaka Y, Yokoyama T, Hoshi N, Tabuchi Y. Growth and neurite stimulating effects of the neonicotinoid pesticide clothianidin on human neuroblastoma SH-SY5Y cells. Toxicol Appl Pharmacol. 2019 Oct 15: 114777. doi: 10.1016/j.taap.114777.
  14. Otsuka M, Tojo N, Hayashi A. Error in measurement of intraocular pressure with the Icare and IcarePRO. Int Ophthalmol. 2019 Nov 6. doi: 10.1007/s10792-019-01204-7.
  15. Tojo N, Hayashi A, Hamada M. Effects of Baerveldt Glaucoma Implant Surgery on Corneal Endothelial Cells of Patients with No History of Trabeculectomy. Clin Ophthalmol. 2019 Nov 28; 13: 2333-40.
  16. Miyakoshi A, Nishida Y, Tanaka A, Hayashi A. Histological equvalence of a Hyper-dry amniotic membrane and Ambio2 after implantation in the rabbit conjunctiva. Ophthalmic Res. 2019 Dec 13.doi: 10.1159/000504579.
  17. 田渕圭章,柚木達也.ハイパーサーミアに関する最近の話題29:Hsp70 を核に輸送するたんぱく質Hikeshi(火消し)の役割について.日ハイパーサーミア会誌.2019 Dec;35:123.
症例報告
  1. Nagai T, Yunoki T, Hayashi A. A Case of IgG4-Related Bilateral Palpebral Conjunctivitis. Case Rep Ophthalmol. 2019 Aug 30; 10(2): 299-303.
  2. Mihara M, Hayashi A, Oiwake T. Posterior microphthalmos with good visual acuity: A case report. Am J Ophthalmol Case Rep. 2019 Nov 7; 16: 100568. doi: 10.1016/j.ajoc.
学会報告
  1. Tojo N, Otsuka M, Hayashi A. Factors related to filtration-bleb morphology after Ex-PRESS® surgery. ARVO Annual meeting; 2019 Apr 28- 2019 May 2; Vancouver.
  2. Mihara M, Hayashi A, Kakeue K, Tamura R. Longitudinal changes in smooth pursuit in patients with intermittent exotropia after strabismus surgery. ARVO Annual meeting; 2019 Apr 28- 2019 May 2; Vancouver.
  3. Hirano T, Minagawa S, Furusawa Y, Yunoki T, Yokoyama T, Hoshi N, Tabuchi Y. In vivo and in vitro effects of a neonicotinoid pesticide, clothianidin, on mammalian nervous function. IUTOX 15th International Congress of Toxicology; 2019 Jul 15–18; Honolulu.
  4. Keino H, Nakayama M, Watanabe T, Ando Y, Abe S, Hayashi I, Fukuoka K, Komagata Y, Okada AA. Long term efficacy of infliximab in refractory uveoretinitis associated with Behcet’s disease. 15th IOIS Congress; 2019 Nov 13-16; Taiwan.
  5. 林 篤志.網膜血管閉塞性疾患に対する硝子体手術.第42 回日本眼科手術学会学術総会;2019 Feb 1-3;横浜.
  6. 阿部慎也,林 顕代,荒川麻由美,林 篤志.コミュニケーションロボットを用いた外来看護師業務の効率化.第42 回日本眼科手術学会学術総会;2019 Feb 1-3;横浜.
  7. 宮腰晃央,山﨑仁史,濵田瑞樹,林 篤志.ホスト角膜のDescemet 膜上に移植片が迷入したnDSAEK の一例.角膜カンファレンス2019;2019 Feb 7-9;京都.
  8. Tabuchi Y, Yunoki T, Furusawa Y, Hirano T, Hayashi A. The role of BAG3 on the heat-induced cell death in human cancer cells. The 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress; 2019 Mar 28-31; Kobe.
  9. 永井騰是也,柚木達也,奥野のり子,笹原正清,林 篤志.両側眼瞼結膜に発症したIgG4 関連疾患の1 例.第343回金沢眼科集談会;2019 Apr 14;金沢.
  10. 柚木達也,平野哲史,田渕圭章,古澤之裕,鳥越美沙子,中嶋隆彦.井村譲二,林 篤志.眼瞼脂腺癌における網羅的遺伝子発現解析.第123 回日本眼科学会総会;2019 Apr 18-21;東京.
  11. 阿部慎也,中村友子,追分俊彦,林 篤志.網膜外層障害の自然軽快が得られなかった多発消失性白点症候群の一例.第123 回日本眼科学会総会;2019 Apr 18-21;東京.
  12. 柚木達也,東條直貴,追分俊彦,大塚光哉,林 篤志.緑内障術後濾過胞眼における眼瞼下垂手術の影響.第80 回富山眼科集談会;2019 Jun 2;富山.
  13. 片山寿夫,米脇克哉,豊田葉子,土田真紀,舘奈保子,東條直貴.富山市における三歳児健診での屈折機器を用いた他覚的屈折検査の導入について.第80 回富山眼科集談会;2019 Jun 2;富山.
  14. 小沢玲子,小沢正康,宮腰晃央,稗田 牧,小堀 朗.形状解析を用いた乱視矯正の治療選択―1.第80 回富山眼科集談会;2019 Jun 2;富山.
  15. 沼田彩花,柳沢秀一郎,コンソルボ上田朋子,阿部慎也,林 篤志.未熟児用眼底カメラ(panocam solo)の使用経験.第80 回富山眼科集談会;2019 Jun 2;富山.
  16. 入江真理,林 康恵,林 篤志.富山県における2018 年度献眼実績報告.第80 回富山眼科集談会;2019 Jun 2;富山.
  17. 三原美晴,掛上 謙,奥村詠里香,林 篤志.後天性内斜視に対する当院でのA 型ボツリヌス毒素注射の方法・効果の検討.第75 回日本弱視斜視学会総会 第44 回日本小児眼科学会総会;2019 Jun 14-15;浜松.
  18. 本多祐樹,大塚光哉,東條直貴,林 篤志.マイクロフック術前後のOCT-Angio を用いた網膜血管密度の評価.第36 回日本眼循環学会;2019 Jul 19-20;札幌.
  19. Abe S, Nakamura T, Oiwake T, Okada AA, Hayashi A. paradoxical worsening in a case of tuberculouschoroiditis. Global OcularInflammation Workshop;2019 Jun 28-30;札幌.
  20. 濵田瑞綺,コンソルボ上田朋子,永井騰是也,沼田彩花,福島正樹,本田祐樹,阿部慎也,尾崎弘典,柳沢秀一郎,林 篤志.Pachychoroid neovasculopathy 症例に対する光線力学療法.第36 回日本眼循環学会;2019 Jul 19-20;札幌.
  21. 三原美晴,中村友子,中川拓也,河島顕代,柴田千恵,林 篤志.先天性色覚異常における色覚検査Color Dx® CCT-HD™の結果.第69 回福井県眼科集談会;2019 Aug 31;福井.
  22. 田渕圭章,鳥越美沙子,柚木達也,古澤之裕,平野哲史,皆川沙月,林 篤志.ヒト子宮頸がんHeLa 細胞においてBAG3 のノックアウトは温熱感受性を増感する.日本ハイパーサーミア学会第36 回大会;2019 Sep 5-7;川越.
  23. 福島正樹,東條直貴,林 篤志.ダブルフラップ法を用いたバルベルト手術の治療実績.第30 回日本緑内障学会;2019 Sep 6-8;熊本.
  24. 沼田彩花,東條直貴,林 篤志.術前眼圧によるトラベクトーム手術の治療実績.第30 回日本緑内障学会;2019 Sep 6-8;熊本.
  25. 大塚光哉,東條直貴,林 篤志.コンタクトレンズセンサーによる24 時間眼圧測定中の合併症に関するアンケート調査.第30 回日本緑内障学会;2019 Sep 6-8;熊本.
  26. 東條直貴.眼圧日内変動「トリガーフィッシュの有用性」.第30 回日本緑内障学会;2019 Sep 6-8;熊本.
  27. 東條直貴.トリガーフィッシュシステムの基本的な考え方.第30 回日本緑内障学会;2019 Sep 6-8;熊本
  28. 永井騰是也,柚木達也,奥野のり子,林 篤志.涙腺アミロイドーシスの1 例.第37 回日本眼腫瘍学会;2019 Sep 28-29;東京.
  29. 三原美晴,田村了以,掛上 謙,林 篤志.内斜視の水平眼球運動と斜視手術が及ぼす影響.第57 回日本神経眼科学会総会;2019 Oct 4-5;札幌.
  30. 尾崎弘典.視神経炎と虚血性視神経症の症例における放射状乳頭周囲毛細血管密度の変化.第57 回日本神経眼科学会総会;2019 Oct 4-5;札幌.
  31. 柚木達也,東條直貴,追分俊彦,大塚光哉,林 篤志.緑内障術後濾過胞眼における眼瞼下垂手術の影響.第73 回日本臨床眼科学会;2019 Oct 24-27;京都.
  32. 大塚光哉,東條直貴,林 篤志.開放隅角緑内障と落屑緑内障に対するバルベルト®緑内障インプラント硝子体挿入の成績.第73 回日本臨床眼科学会;2019 Oct 24-27;京都.
  33. 阿部慎也,柚木達也,中村友子,林 篤志.特発性眼窩炎症の経過中にベーチェット病を発症した1 例.第73 回日本臨床眼科学会;2019 Oct 24-27;京都.
  34. 濵田瑞綺,東條直貴,林 篤志.バルベルト手術における前房と硝子体挿入の角膜内皮細胞への影響.第73 回日本臨床眼科学会;2019 Oct 24-27;京都.
  35. 山切啓太,長島崇充,林 篤志,原田史織,中崎秀二,小島照夫,児玉章宏,松本惣一,川路隆博,岡田和久,柿内奈保子,上村昭典.抗VEGF 薬適応患者における心血管病リスク評価に関する多施設共同研究(中間報告).第73回日本臨床眼科学会;2019 Oct 24-27;京都.
  36. 東條直貴.眼圧日内変動を明らかにする.第73 回日本臨床眼科学会共催セミナー;2019 Oct 25;京都.
  37. 大塚光哉.当院における特発性眼窩炎症の臨床的特徴と眼圧値の検討.第34 回日本眼窩疾患シンポジウム;2019 Nov 9;新潟.
  38. 東條直貴,林 篤志.ダブルフラップ法を用いたバルベルト手術の治療成績.第39 回金沢医科大学眼科研究会;2019 Nov 10;金沢.
  39. 鳥越美沙子,柚木達也,皆川沙月,古澤之裕,平野哲史,林 篤志,田渕圭章.がん細胞の温熱誘導細胞障害におけるBAG3 の役割.日本薬学会北陸支部第131 回例会;2019 Nov 17;金沢
  40. 福島正樹,宮腰晃央,追分俊彦,コンソルボ上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志.フランジ法を用いた眼内レンズ強膜
    内固定術における角膜形状変化.第81 回富山眼科集談会;2019 Nov 24;富山.
  41. 本多祐樹,宮腰晃央,東條直貴,林 篤志.バルベルト緑内障インプラントのタイプによる角膜内皮細胞への影響
    の違い.第81 回富山眼科集談会;2019 Nov 24;富山.
  42. 中村友子,阿部慎也,林 篤志.富山大学眼科におけるぶどう膜炎の臨床統計.第81 回富山眼科集談会;2019 Nov 24;富山.
  43. 小沢玲子,小沢正康,宮腰晃央,稗田 牧,小堀 朗.形状解析を用いた乱視矯正の治療選択-2.第81 回富山眼
    科集談会;2019 Nov 24;富山.
  44. 入江真理,堀 惠一,長井久恵,今井睦人,高島 豊,片山壽夫,林 篤志,追分俊彦.富山県スマートサイト活動
    報告と今後の支援の進め方.第81 回富山眼科集談会;2019 Nov 24;富山.
  45. 林 篤志.網膜血管閉塞疾患に関する網膜血管内手術.第58 回日本網膜硝子体学会総会;2019 Dec 6-8;長崎.
  46. コンソルボ上田朋子,阿部慎也,濵田瑞綺,澁谷法子,永井騰是也,沼田彩花,福島正樹,本多祐樹,尾崎弘典,柳沢秀一郎,林 篤志.滲出性加齢黄斑変性の長期治療成績.第344 回金沢眼科集談会;2019 Dec 22;金沢.
その他
  1. 林 篤志.黄斑疾患の新しい検査と治療.YOKOHAMA RETINA NIGHT;2019 Jan 31;横浜.
  2. 林 篤志.黄斑疾患の新しい検査と治療.平成30 年度第2 回静岡県東部眼科医会講演会;2019 Feb 21;静岡.
  3. 林 篤志.眼科の最新治療.第55 回地域医療連携研修会;2019 Mar 14;富山.
  4. 宮腰晃央.乾燥羊膜を用いた眼表面疾患の治療.第55 回地域医療連携研修会;2019 Mar 14;富山.
  5. 林 篤志.信頼関係の構築を基に地域医療のレベル向上を.中四国・関西医事新聞社(朝刊).2019 Apr 20;3.
  6. 東條直貴.眼圧日内変動を明らかにする~緑内障診療への新たな挑戦~.第123 回日本眼科学会モーニングセミナー19;2019 Apr 21;東京.
  7. 宮腰晃央.角膜手術後のfollow について~治療のタイミングを逃さない~.第8 回前眼部クリニック(高岡);2019 Apr 26;富山.
  8. 林 篤志.高齢社会の目の病気と治療.富山県いきいき長寿大学すこやか活動講座;2019 May 21;富山.
  9. 大塚光哉.続発閉塞隅角緑内障を呈したと考えられた特発性眼窩炎症の1 例.第5 回北陸神経眼科セミナー;2019 May 25;金沢.
  10. 尾崎弘典.糖尿病網膜症におけるセリンラセマーゼの役割の解明.第5 回北陸4 大学眼科合同研究会;2019 May 31;金沢.
  11. 林 篤志.黄斑疾患の新しい検査と治療.第183 回大分眼科集談会;2019 Jun 15;大分.
  12. 林 篤志.黄斑疾患の新しい検査と治療.第11 回RETINA フォーラムin 奈良;2019 Jun 21;奈良.
  13. 大塚光哉.当院におけるマイクロフックab interno トラベクロトミーの手術成績.第5 回富山緑内障手術研究会;2019 Jul 12;富山.
  14. 阿部慎也.Pachychoroid と抗VEGF 治療.上越Retina Update Seminar;2019 Jul 27;上越.
  15. 宮腰晃央.ヒト乾燥羊膜を用いた角膜再生医療.サマースクール創薬・製剤コース;2019 Aug 8;富山.
  16. 宮腰晃央.コンタクトレンズによる眼合併症②.コンタクトレンズ継続研修会;2019 Aug 25;富山.
  17. 尾崎弘典.網膜変性疾患の診療.第71 回富山眼科開業医臨床懇話会;2019 Sep 5;富山.
  18. 宮腰晃央.こんなことやっています~角膜移植~.済生会高岡病院講演会;2019 Sep 12;富山.
  19. 林 篤志.黄斑疾患の新しい検査と治療.第14 回和歌山黄斑勉強会;2019 Sep 14;和歌山.
  20. 林 篤志.高齢社会の眼の病気―早期発見と治療―.2019 県民カレッジ委託講座富山地区教養講座;2019 Sep 20;富山.
  21. 掛上謙.両眼視・眼位・眼球運動検査 東海北陸ブロック技術指導者.日本視能訓練士協会新人教育プログラム;2019 Sep 29;富山.
  22. 林 篤志,上田朋子.眼科女医のほんとうの姿とは.Smart Café in 医学部 ~キャリアアップ座談会;2019 Sep 30;富山.
  23. 阿部慎也.特発性眼窩炎症の経過中にベーチェット病を発症した1 例.第3 回TOYAMA 免疫・膠原病内科・眼炎症セミナー;2019 Oct 11;富山.
  24. 追分俊彦.OCT angiography 画像のチェックポイント.富山県視能訓練士会 第59 回学習会;2019 Oct 20;富山.
  25. 掛上 謙.眼位・眼球運動検査の基礎と応用.富山県視能訓練士会 第59 回学習会;2019 Oct 20;富山.
  26. 林 篤志.眼底疾患の最新治療.第73 回日本臨床眼科学会市民公開講座;2019 Oct 27;京都.
  27. 東條直貴.緑内障診療のアップデート.第9 回富山前眼部クリニック(新川);2019 Oct 31;富山.
  28. 林 篤志.人生100 年時代をこの眼と生きる.北日本新聞(朝刊).2019 Nov 12:12.
  29. 柳沢秀一郎.PVR に対するPFCL 短期留置による治療経験.第4 回静岡網膜硝子体フォーラム;2019 Nov 21;静岡.
  30. 柳沢秀一郎.硝子体手術の一例.第4 回静岡網膜硝子体フォーラム;2019 Nov 21;静岡.
  31. 三原美晴.間欠性外斜視―ケースごとにみる手術適応の考え方―.第72 回富山眼科開業医臨床懇話会;2019 Nov 28;富山.
  32. 阿部慎也.PCV・PNV と抗VEGF 治療.NOVARTIS PHARMA WEB SYMPOSIUM;2019 Dec 19;富山.
著 書
  1. 中村友子.全身病の眼病変 早わかり便利帖.東京:メジカルビュー社;2018 Mar.ヒト免疫不全ウィルス(HIV);P.85-9.
  2. 中村友子.全身病の眼病変 早わかり便利帖.東京:メジカルビュー社;2018 Mar.Human T lymphotropic virus type 1(HTLV-1);p90-3.
  3. 中村友子.全身病の眼病変 早わかり便利帖.東京:メジカルビュー社;2018 Mar.サイトメガロウイルス(CNV);p94-8.
  4. 中村友子,岡田アナベルあやめ.眼科ビジュアルラーニング②眼炎症. 東京:中山書店;2018 Feb.反復性の炎症/Fuchs虹彩異色性虹彩毛様体炎;p130-1.
  5. 宮腰晃央,岡部素典,吉田淑子,林 篤志.ハイパードライヒト乾燥羊膜を用いた外科的再建術.連載.今月の話題.臨床眼科.2018;72(7):923-9.
原 著
  1. Nakamura T, Hayashi A, Oiwake T. Recovery of macular cone photoreceptors in Vogt-Koyanagi-Harada disease. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2018 Feb; 256(2):387-94.
  2. Ozaki H, Inoue R, Matsushima T, Sasahara M, Hayashi A , Mori H. Serine racemase deletion attenuates neurodegeneration and microvascular damage in diabetic retinopathy. Plos One. 2018 Jan; 13(1):e0190864.
  3. Tojo N, Otsuka M, Hayashi A. Conventional trabeculectomy versus trabeculectomy with the Ex-PRESS® mini-glaucoma shunt:differences in postoperative interventions. Clin Ophthalmol. 2018 Apr 3; 12:643-50.
  4. Yunoki T, Miyakoshi A, Otsuka M, Hayashi A. Clinicopathological features of considerable reduction in androgen receptor expression in sebaceous gland Carcinoma of the eyelid. Int Ophthalmol. 2018 Jul 19.doi:10.1007/s10792-018-0990-3.
  5. Furusawa Y, Yunoki T, Hirano T, Minagawa S, Izumi H, Mori H, Hayashi A, Tabuchi Y. Identification of genes and genetic networks associated with BAG3-dependent cell proliferation and cell survival in human cervical cancer HeLa cells. Mol Med Rep. 2018 Oct; 18(4):4138-46.
  6. Tojo N, Hayashi A, Consolvo-Ueda T, Yanagisawa S. Baerveldt surgery outcomes anterior chamber insertion versus vitreous cavity insertion. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2018 Nov; 256(11)2191-200.
  7. Tojo N, Hayashi A, Otsuka M. Factors influencing the filtration-bleb volume after Ex-PRESS(®) surgery. Clin Ophthalmol. 2018 Sep 5;12:1675-83.
  8. Tojo N, Otsuka M, Hayashi A. Comparison of intraocular pressure fluctuation before and after cataractsurgeries in normal-tension glaucoma patients. Eur J Ophthalmol. 2018 Sep 26. doi:10.1177/1120672118801163.
  9. Yunoki T, Tabuchi Y, Hirano T, Miwa S, Imura J, Hayashi A. Gene networks in basal cell carcinoma of the eyelid, analyzed using gene expression profiling.Oncol Lett. 2018 Nov; 16(5):6729-34.
  10. 林由美子,コンソルボ上田朋子.眼底視野計を用いた偏心視獲得訓練.眼科.2018 Jun;60(6):591-5.
  11. 柚木達也.眼瞼涙小管裂傷.眼科手術.2018;31(2):213-6.
  12. 宮腰晃央,仁井見英樹,上野智浩,柳沢秀一郎,北島 勲,林 篤志.Tm mapping法による細菌性眼内炎菌の迅速同定.日本眼科學會雑誌.2018;122(8):580-5.
  13. 片山寿夫,高橋英雄,島田一彦,東條直貴,林 篤志.富山市における緑内障検診の5年の結果.臨床眼科.2018 Oct 15;72(10):1393-403.
  14. 藤田和也,掛上 謙,三原美晴,林 篤志.小児におけるSpot vision screenerとRT-7000の屈折検査結果の比較.眼科臨床紀要.2018;11:112-6.
  15. 佐藤美保,加藤光広,田島敏広,川村 孝,仁科幸子,根岸貴志,柿原寛子,初川嘉一,松村 望,三木淳司,寺井朋子,横山利幸,森田由香,三原美晴,野村耕治,富田 香,林 思音,磯貝正智,堀田喜裕.中隔視神経異形成症の眼科診療に関する研究.眼科臨床紀要.2018;11:395-400.
  16. 掛上 謙,中川拓也,追分俊彦,林 顕代,奥村詠里香,林由美子,三原美晴.SpotTM vision Screenerによる間欠性外斜視の検出精度向上の試み.あたらしい眼科.2018;35(9):1291-4.
  17. 田渕圭章,柚木達也.ハイパーサーミアに関する最近の話題17:Hsp70のコシャペエロンBAG3とがん温熱療法.日本ハイパーサーミア学会誌.2018 Jun;34:86-7.
  18. 掛上 謙,奥村詠里香,林 顕代,林由美子,追分俊彦,中川拓也,三原美晴.明室でのSpotTM Vision Screener測定の試み.日本視能訓練士協会誌.2018;47:147-151.
症例報告
  1. Takata Y, Nitta Y, Miyakoshi A, Hayashi A. Retinal Endovascular Surgery with Tissue Plasminogen Activator Injection for Central Retinal Artery Occlusion. Case Rep Ophthalmol. 2018 Jun 22; 9(2):327-32.
総 説
  1. 中村友子,林 篤志.視細胞疾患の画像診断.眼科.2018 Apr;60(4):347-54.
  2. 林 篤志.網膜硝子体 硝子体出血.眼科.2018Sep;60(10):1277-9.
学会報告
  1. Hayashi A. Retinal Endovascular Surgery With tPA Injection for Central Retinal Artery Occlusion.ASIA-PACIFIC ACADEMY OF OPHTHALMOLOGY ; 2018 Feb 8-11;Hong Kong.
  2. Mihara M, Fujita K, Hayashi A, Kakeue K, Tamura R. Horizontal Saccadic Velocity in Patients with Exotropia Before and After Strabismus Surgery. ISA /AAPOS 2018 Annual meeting : 2018 Mar 18-22;Washington,DC.
  3. Miyakoshi A, Nishida Y, Tanaka A, Hayashi A. Changes in hyper-dry amniotic membrane after implantation in the rabbit conjunctiva. ARVO 2018 Annual Meeting; 2018 Apr 29-2018 May 3; Honolulu.
  4. 大塚光哉.富山大学における眼科臨床実習.第66回福井県眼科集談会;2018 Jan 13;福井.
  5. 淵澤千春,石田聖朗,加藤 剛,舘野宏彦,林 篤志.長期間留置された涙管チューブに感染を生じた3例.第41回日本眼科手術学会学術総会;2018 Jan 26-28;京都.
  6. 田渕圭章,柚木達也,古澤之裕,平野哲史,林 篤志,近藤 隆.温熱に対する遺伝子応答とBAG3を標的としたがん温熱療法の可能性.第20回菅原・大西記念癌治療増感シンポジウムin奈良;2018 Feb 3-4;奈良.
  7. 宮腰晃央,木村雅代,林 篤志.BCG膀胱内注入療法後に生じた周辺部角膜潰瘍の一例.第42回日本角膜学会総会/第34回日本角膜移植学会;2018 Feb 15-17;広島.
  8. 三原美晴,追分俊彦,林 篤志.良好な視力を獲得したposterior microphthalmosの一例.第43回日本小児眼科学会総会;2018 Mar 2-3;名古屋.
  9. 林篤志.黄斑疾患の新しい検査と治療.第341回金沢眼科集談会;2018 Apr 8;金沢.
  10. 中村友子,追分俊彦,林 篤志.Vogt小柳原田病の網膜色素上皮過形成の経時的変化.第122回日本眼科学会総会;2018 Apr 19-22;大阪.
  11. 三原美晴,藤田和也,掛上 謙,林 篤志,田村了以.水平斜視患者の水平サッケード速度.第122回日本眼科学会総会;2018 Apr 19-22;大阪.
  12. 東條直貴,高田雄太,新田康人,大塚光哉,林 篤志.正常眼圧緑内障患者に対する白内障手術前後での24時間眼圧変動の比較.第122回日本眼科学会総会;2018 Apr 19-22;大阪.
  13. 柚木達也,田渕圭章,三輪重治,井村譲二,林 篤志.眼瞼基底細胞癌における網羅的遺伝子解析.第122回日本眼科学会総会;2018 Apr 19-22;大阪.
  14. コンソルボ上田朋子,中村友子,高田雄太,新田康人,林 篤志.加齢黄斑変性に対する抗VEGF薬の治療効果.第122回日本眼科学会総会;2018 Apr 19-22;大阪.
  15. 大塚光哉,東條直貴,林 篤志.緑内障インプラント手術後に起きた裂孔原性網膜剥離に対し硝子体手術を施行した1例.第122回日本眼科学会総会;2018 Apr 19-22;大阪.
  16. 山﨑仁史,柚木達也,東條直貴,林 篤志.DUESを合併した眼瞼下垂の治療成績.第78回富山眼科集談会;2018 Jun 3;富山.
  17. 阿部慎也,柳沢秀一郎,コンソルボ上田朋子,林 篤志.当院における裂孔原性網膜剥離の術後成績.第78回富山眼科集談会;2018 Jun 3;富山 .
  18. 大塚光哉,舘野宏彦,尾崎弘典,柚木達也,高倉大匡,林 篤志.当院における鼻性視神経症の治療成績.第78回富山眼科集談会;2018 Jun 3;富山.
  19. 山川身江,石附美和,入江真理,林 篤志.富山県における2017年度献眼実績報告.第78回富山眼科集談会;2018 Jun 3;富山.
  20. 三原美晴,掛上 謙,林 篤志,田村了以.斜視手術が外斜視患者の水平追従性滑動性眼球運動に及ぼす変化.第74回日本弱視斜視学会総会;2018 Jul 6-7;倉敷.
  21. 中村友子,東條直貴,阿部慎也,林 篤志.壊死性強膜炎に合併した緑内障に対してAb Interno Trabeculotomyを施行した2症例.第52回日本眼炎症学会;2018 Jul 14-16;東京.
  22. 尾崎弘典,山﨑仁史,林 篤志.OCT angiogrophyで観察した卵黄様黄斑変性の例.第35回日本眼循環学会;2018 Jul 20-21;松本.
  23. 三原美晴,中村友子,追分俊彦,中川拓也,林 篤志.色覚検査用ソフトウェアColorDx®CCT-HDTMの小児への使用経験.第67回福井県眼科集談会;2018 Aug 25;福井.
  24. 田渕圭章,柚木達也,古澤之裕,平野哲史,鳥越美沙子,皆川沙月,林 篤志.ヒト子宮頸がんHeLa細胞の温熱誘導細胞障害におけるBAG3の役割.日本ハイパーサーミア学会第35回大会;2018 Aug 31-Sep 1;福井.
  25. 大塚光哉,東條直貴,林 篤志.手持ち眼圧計、iCare、lCare、PROの傾斜角度による眼圧値の検討.第29回日本緑内障学会;2018 Sep 14-16;新潟.
  26. 東條直貴,大塚光哉,林 篤志.Ex-press術後濾過胞の大きさに影響を与える因子.第29回日本緑内障学会;2018 Sep 14-16;新潟.
  27. 田渕圭章,柚木達也,古澤之裕,平野哲史,鳥越美沙子,皆川沙月,林 篤志.がん細胞の温熱誘導細胞死におけるBAG3の役割.第91回日本生化学会大会;2018 Sep 24-26;京都.
  28. 大塚光哉,尾崎弘典,柚木達也,舘野宏彦,高倉大匡,林 篤志.当院における鼻性視神経症の治療結果.第72回日本臨床眼科学会;2018 Oct 11-14;東京.
  29. 髙田雄太,中村友子,三原美晴,コンソルボ上田朋子,林 篤志.再発する滲出性加齢黄斑変性の光干渉断層血管撮影所見.第72回日本臨床眼科学会;2018 Oct 11-14;東京.
  30. 山﨑仁史,柚木達也,東條直貴,林 篤志.Deepening of Upper Eyelid Sulcus(DUES)を合併した眼瞼下垂の治療成績.第72回日本臨床眼科学会;2018 Oct 11-14;東京.
  31. 柚木達也,宮腰晃央,大塚光哉,林 篤志.眼瞼脂腺癌におけるアンドロゲンレセプターの発現と臨床病理学的特徴.第36回日本眼腫瘍学会;2018 Nov 3-4;金沢.
  32. 東條直貴,大塚光哉,林 篤志.Ex-PRESSの治療成績に影響する因子の検討.第38回金沢医科大学眼科研究会;2018 Nov 11;金沢.
  33. 柴田千恵,林由美子,追分俊彦,中川拓也,奥村詠里香,林 顕代,掛上 謙,林 篤志.当院で拡大読書器を処方した患者の長期利用状況.第59回日本視能矯正学会;2018 Nov 10-11;横浜.
  34. 宮腰晃央,小沢正康,稗田 牧,小堀 朗,林 篤志.角膜全屈折力を眼内レンズ度数計算に用いる際の問題点.第79回富山眼科集談会;2018 Nov 25;富山.
  35. 山﨑仁史,阿部慎也,矢合隆昭,コンソルボ上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志.近視性黄斑分離に対するfovea sparing ILM剥離術の効果.第79回富山眼科集談会;2018 Nov 25;富山.
  36. 入江真理,堀 惠一,長井久恵,今井睦人,高島 豊,片山壽夫,林 篤志,追分俊彦.富山県スマート運用報告.第79回富山眼科集談会;2018 Nov 25;富山.
  37. 山﨑仁史,阿部慎也,コンソルボ上田朋子,柳沢秀一郎,矢合隆昭,林 篤志.近視性中心窩分離症に対する手術成績.第57回日本網膜硝子体学会総会;2018 Dec 7-9;京都.
  38. 平野哲史,皆川沙月,古澤之裕,柚木達也,横山俊史,星 信彦.田渕圭章.ネオニコチノイド系農薬クロチアニジンはヒト神経芽細胞腫においてCa2+シグナルのかく乱を引き起こす.第21回環境ホルモン学会研究発表会;2018 Dec 15-16;東京.
  39. コンソルボ上田朋子,阿部慎也,尾崎弘典,大塚光哉,柳沢秀一郎,林 篤志.Pachychoroid neovasculopathy症例に対する光線力学療法.第342回金沢眼科集談会;2018 Dec 16;金沢.
その他
  1. 林 篤志.黄斑疾患の外科治療.第81回宮崎大学眼科研究会;2018 Jan 20;宮崎.
  2. 中村友子.ぶどう膜炎診療のエッセンス その3.第66回富山眼科開業医臨床懇話会;2018 Mar 8;富山.
  3. 東條直貴.緑内障はどんな病気?.緑内障発見のための啓発運動市民講座;2018 Mar 11;富山.
  4. 大塚光哉.緑内障の治療は何ですか?.緑内障発見のための啓発運動市民講座;2018 Mar 11;富山.
  5. 東條直貴.グラナテックの点眼効果.ROCK Conference 2018;2018 Mar 16;金沢.
  6. 三原美晴.スマホと育児を考える.チューリップテレビ;2018 Mar 16;富山.
  7. 柚木達也.外眼部手術の止血.第3回とやま外眼部ナイト;2018 Apr 14;富山.
  8. 東條直貴.OCTを用いた緑内障診断.第67回富山眼科開業医臨床懇話会;2018 May 17;富山.
  9. 東條直貴.当院における緑内障手術成績.第4回富山緑内障手術研究会;2018 May 18;富山.
  10. 三原美晴.「眼位・眼球運動異常のダイナミック解析は臨床に活かせるか」.第4回北陸4大学眼科合同研究会;2018 Jun 1;福井.
  11. 林 篤志.「高齢社会の眼の病気:最新治療」.平成30年度富山大学サテライト講座;2018 Jul 28;富山.
  12. 宮腰晃央.角膜からの挑戦状.第68回富山眼科開業医臨床懇話会;2018 Aug 9;富山.
  13. 宮腰晃央.ヒト乾燥羊膜を用いた角膜再生医療.富山大学サマースクール創薬・製剤コース;2018 Aug 9;富山.
  14. 林 篤志.網膜疾患とOCTアンギオグラフィー.上越Retina Update Seminar ;2018 Aug 23;上越.
  15. 宮腰晃央.コンタクトレンズによる眼合併症.コンタクトレンズ継続研修会;2018 Aug 26;富山.
  16. 三原美晴.成人の斜視をどう治療するか.第10回上越眼科研究会;2018 Sep 1;上越.
  17. 林 篤志.黄斑疾患の新しい検査と治療.第3回3Qの会;2018 Sep 7;北九州.
  18. 阿部慎也.糖尿病網膜症、糖尿病黄斑浮腫.ノバルティス社内講演会;2018 Sep 13;富山.
  19. 阿部慎也.遷延型Vogt-小柳-原田病に対するアダリムマブの使用経験.第2回TOYAMA免疫・膠原病・眼炎症seminar;2018 Sep 28;富山.
  20. 上田朋子.網膜疾患に対する治療戦略.第69回富山眼科開業医臨床懇話会;2018 Nov 15;上越.
  21. 三原美晴.色覚についてもっと知ろう.富山県高等学校教育研究会養護部会研修会;2018 Dec 4;富山.
著 書
  1. 林 篤志.特集・網膜硝子体手術の合併症に対するトラブルシューティング.論点.眼科手術.2017 Jul;30(3):421.
  2. 柳沢秀一郎.硝子体手術(眼内操作)のトラブルシューティング.眼科手術.2017 Jul;30(3):427.
  3. 林 篤志.網膜静脈閉塞症の硝子体手術・血管内手術.眼科手術の適応.2017;9:1283-1287.
  4. 中村友子,林 篤志.加齢黄斑変性と網膜静脈閉塞症の最新治療.ここがすごい!富山大学附属病院の最新治療.2017;116-117.
  5. 東條直貴.最新の緑内障治療と早期発見.ここがすごい!富山大学附属病院の最新治療.2017;114-115.
原 著
  1. Tojo N, Abe S, Ishida M, Yagou T, Hayashi A. The Fluctuan of Intraocular Pressure Measured by a Contact Lens Sensor in Nomal-Tension Glaucoma Patients and Nonglaucoma Subjects. J Glaucoma. 2017 Mar 26(3):195-200.
  2. Ueda-Consolvo T, Hayashi A, Ozaki M, Nakamura T, Yagou T, Abe S. The relationship between vascular endothelial dysfunction and treatment frequency in neovascular age-related macular degeneration. Jpn J Ophthalmol. 2017 Jul;61(4):347-53.
  3. Yunoki T, Tabuchi Y, Hayashi A. Expression of Anti-apoptotic Protein BAG3 in Human Sebaceous Gland Carcinoma of the Eyelid. Anticancer Res.2017 Apr;37(4):1931-34.
  4. Tojo N, Abe S, Miyakoshi A, Hayashi A. Comparison of intraocular pressure fluctuations before and after ab intemo trabeculectomy in pseudoexfoliation glaucoma patients. Clin Ophthalmol. 2017 Sep 14;11:1667-75.
  5. Tojo N, Abe S, Hayashi A. Factors That Influence of Trabectome Surgery for Glaucoma patients. J Glaucoma. 2017 Sep;26(9):835-44.
  6. Tojo N, Ueda-Consolvo T, Yanagisawa S, Hayashi A. BaerveldtR glaucoma implant surgery with the duoble scleral flap technigue to prevent Hoffman elbow exposure. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2017 Oct; 255(10):2001-8.
  7. Mihara M, Hayashi A, Fujita K, Kakeue K, Tamura R. Fixation Stability of the upward gaze in patients with myasthenia gravis:an eye-tracker study. BMJ Open ophth November. 2017 Nov 16;2(1).
  8. 東條直貴,中村友子,コンソルボ上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志.血管新生緑内障に対するバルベルト緑内障インプラント手術の治療成績.日本眼科学会誌.2017;121(2):138-45.
  9. 中村友子,阿部慎也,矢合隆昭,コンソルボ上田朋子,林 篤志.抗VEGF治療中に発症した脳卒中,心筋梗塞に関する検討.臨床眼科.2017;7(4):551-7.
  10. 宮越茉莉,追分俊彦,中村友子,矢合隆昭,コンソルボ上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志.加齢黄斑変性における黄斑断面積と視力の関係.臨床眼科.2017Mar;(0370-5579):71(3):415-9.
  11. 矢合隆昭,中村友子,コンソルボ上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志.近視性脈絡膜新生血管に対する抗VEGF療法前後のOCTA所見.眼科臨床紀要.2017;10(10):813-816.
  12. 阿部慎也,中村友子,岩佐芳夫,加藤 剛,林 篤志.再発中心性漿液性脈絡網膜症に対するエプレノン内服の検討.眼科臨床紀要.2017;10(11):910-912.
症例報告
  1. Yunoki T, Murakami J, Imagawa Y, akajima T,Hayashi A. A B-cell lymphoma case that is unclassifiable,and intermediate between diffuse large B-cell lymphoma and Burkitt lymphoma of lacrimal gland. International Medical Case Reports Journal. 2017 Feb 1;10:31-33.
  2. Yunoki T, Tabuchi Y, Kondo T, Ishii Y, Hayashi A. Overexpression of the anti-apoptotic protein BAG3 in human choroidal melanoma:A case report. Oncol Lett. 2017 Jun;13(6):4169-72.
  3. 大塚光哉,佐藤昭一,土谷修一,上村孝則,林 篤志.副腎白質ジストロフィー症例の眼所見.眼科臨床紀要.2017;10(7):559-562.
総 説
  1. 林 篤志,米田一仁,武井正人,今井尚徳,奥田徹彦.黄斑下血種の治療選択.眼科手術.2017 Oct;30(4):667-671.
学会報告
  1. Ueda-Consolvo T.Endothelial Dysfunction Linked to Treatment Frequency in Neovascular Age-Related Macular Degeneration.10th Asia-Pacific Vitreo-retina Society Congress;2016 Dec 9;Bankok.
  2. Hayashi A,Abe S,Miyakoshi A.A case of retinal endovascular surgery to central retinal artery obstruction.American Society of Retina Specialists 35th Annual Meeting;2017 Aug 11-15;Boston.
  3. 柳沢秀一郎.富山大学における周術期管理.第64回福井県眼科集談会;2017 Jan 14;福井.
  4. 宮腰晃央,柚木達也,林 篤志.Pagetoid spreadを呈した若年性脂腺癌の一例.第41回日本角膜学会総会,第33回日本角膜移植学会;2017 Feb 16-18;福岡.
  5. 柚木達也,田渕圭章,近藤 隆,石井陽子,林 篤志.脈絡膜悪性黒色腫における抗アポトーシスタンパク質BAG3の高発現について.第121回日本眼科学会総会;2017 Apr 6-9;東京.
  6. 東條直貴,新田康人,高田雄太,阿部慎也,林 篤志.術前眼圧別のトラベクトーム手術の治療成績.第121回日本眼科学会総会;2017 Apr 6-9;東京.
  7. 宮腰晃央,上野智浩,仁井見英樹,柳沢秀一郎,北島 勲,林 篤志.Tm mapping法により起炎菌を迅速に同定できた術後細菌性眼内炎の症例.第121回日本眼科学会総会;2017 Apr 6-9;東京.
  8. 中村友子.イメージング検査からわかるぶどう膜炎の病態 補償光学イメージングシステムを用いたぶどう膜炎の解析.第121回日本眼科学会総会;2017 Apr6-9;東京.
  9. 三原美晴,林 篤志,藤田和也,掛上 謙,田村 了以.アイトラッカーによる水平Smooth pursuitの計測.第339 回金沢眼科集談会;2017 Apr 16;金沢
  10. 林由美子,林 顕代,奥村詠里香,中川拓也,掛上 謙,追分俊彦,柴田千恵,林 篤志.富山大学附属病院における遮光眼鏡の処方状況.第18回日本ロービジョン学会学術総会;2017 May 20-21岐阜.
  11. 東條直貴,新田康人,高田雄太,大塚光哉,林 篤志.トラベクトームの手術成績にかかわる因子の検討.第76回富山眼科集談会;2017 May 21;富山.
  12. 柚木達也,田渕圭章,近藤 隆,石井陽子,林 篤志.脈絡膜メラノーマにおける抗アポトーシスタンパク質BAG3の発現解析.第76回富山眼科集談会;2017 May 21;富山.
  13. 小西幸恵,入江真理,林 篤志.富山県アイバンクにおける2016年度献眼実績報告.第76回富山眼科集談会;2017 May 21;富山.
  14. 藤田和也,三原美晴,掛上 謙,林 篤志.小児におけるSpot vision screenerとRT-7000の屈折検査結果の比較.第73回日本弱視斜視学会総会;2017 Jun 16-17;金沢.
  15. 掛上 謙,中川拓也,追分俊彦,林 顕代,奥村詠里香,林由美子,三原美晴,林篤志.スポットビジョンスクリーナーによる間歇性外斜視の検出精度向上の試み.第73回日本弱視斜視学会総会;2017 Jun 16-17;石川.
  16. 三原美晴,林 篤志,藤田和也,掛上 謙,田村了以.正常者と水平斜視患者での水平Smooth pursuitの比較.第73回日本弱視斜視学会総会;2017 Jun 16;金沢.
  17. 中村友子,三澤 惠,松井 篤,多喜博文,林 篤志.妊娠、出産を経験したBlau症候群の1例.第51回日本眼炎症学会;2017 Jul 14-16;大阪.
  18. 宮腰晃央,仁井見英樹,上野智浩,柳沢秀一郎,北島勲,林 篤志.Tm mapping法により起炎菌を迅速に同定・定量できた細菌性眼内炎の症例.第54回眼感染症学会;2017 Jul 14-16;大阪.
  19. 高田雄太,新田康人,宮腰晃央,中川拓也,林 篤志.網膜中心動脈閉塞症に血栓溶解剤注入療法を施行した2例.第34回日本眼循環学会;2017 Jul 22-23;大阪.
  20. 東條直貴,コンソルボ上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志.Double-flap法によるBaerveldt手術成績.第65回福井県眼科集談会;2017 Sep 2;福井.
  21. 柚木達也,田渕圭章,林 篤志.眼瞼脂腺癌における抗アポトーシスタンパク質BAG3の発現について.第35回日本眼腫瘍学会;2017 Sep 23-24;東京.
  22. 新田康人,中村友子,矢合隆昭,コンソルボ上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志.内境界膜翻転法を行った黄斑円孔に対するflapの方向と術後成績.第71回日本臨床眼科学会;2017 Oct 12-15;東京.
  23. 宮腰晃央,岡部素典,吉田淑子,二階堂敏雄,林 篤志.ハイパードライヒト乾燥羊膜の有用性と安全性の検討.第71回日本臨床眼科学会;2017 Oct 12-15;東京.
  24. 東條直貴,新田康人,高田雄太,大塚光哉,林 篤志.トラベクトームの手術成績にかかわる因子の検討.第71回日本臨床眼科学会;2017 Oct 12-15;東京.
  25. 栗山昌治,林 篤志,櫻井寿也,小堀 朗,森實祐基,山根 真,今井尚徳.Inverted ILM Flap Technique 普及推進会議室「失敗例に学ぶ」.第71回日本臨床眼科学会;2017 Oct 12-15;東京.
  26. 石田聖朗,中村友子,コンソルボ上田朋子,林 篤志.網膜中心静脈閉塞症に対するtPA血管内注入術の1年成績.第71回日本臨床眼科学会;2017 Oct 12-15;東京.
  27. 片山寿夫,島田一彦,高橋英雄,東條直貴,林 篤志.富山市における緑内障検診の結果.第71回日本臨床眼科学会;2017 Oct 12-15;東京.
  28. 掛上 謙,奥村詠里香,林 晃代,追分俊彦,中川拓也,林由美子,三原美晴,林 篤志.明所でのスポットビジョンスクリーナー測定の試み.第58回日本視能矯正学会;2017 Oct 28-29;宮城.
  29. 中村友子,コンソルボ上田朋子,矢合隆昭,林 篤志.抗VEGF治療中に血管イベントが発生した症例の経過.第77回富山眼科集談会;2017 Oct 29;富山.
  30. 入江真理,堀 惠一,柴垣幸子,今井睦人,高島 豊,狩野俊哉,林 篤志,追分俊彦.富山県スマートサイト運用1年間の報告.第77回富山眼科集談会;2017 Oct 29;富山.
  31. 宮腰晃央,岡部素典,吉田淑子,二階堂敏雄,林 篤志.ハイパードライヒト乾燥羊膜の臨床応用.第37回金沢医科大学眼科研究会;2017 Nov 19;金沢.
  32. 中村友子,矢合隆昭,コンソルボ上田朋子,林 篤志.抗VEGF療法中の心血管イベント発症後における経過の検討.第56回日本網膜硝子体学会総会;2017 Dec 1-3;東京.
  33. コンソルボ上田朋子,中村友子,高田雄太,新田康人,林 篤志.加齢黄斑変性に対する抗VEGF薬単独療法の治療効果.第340回金沢眼科集談会;2017 Dec 17;金沢.
著 書
  1. 柚木達也.外眼部手術におけるバイポーラの使い方.眼科手術.2016;29(3):451-452.
原 著
  1. Tojo N, Hayashi A, Otsuka M, Miyakoshi A. Fluctuations of the Intraocular Pressure in Pseudoexfoliation Syndrome and Normal Eyes Measured by a Contact Lens Sensor. J Glaucoma.2016 May;25(5):463-8.
  2. Yunoki T, Tabuchi Y, Hayashi A, Kondo T. Gene network analysis of genes involved in enhancement of hyperthermia sensitivity by knockdown of BAG3 in human oral squamous cell carcinoma cells. INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE.2016 Jul; 38(1) :236-42.
  3. Tabuchi Y, Uchiyama H, Zhao QL,Yunoki T, Andocs G, Nojima N, Takeda K, Ishikawa K, Hori M, Kondo T. Effects of nitrogen on the apoptosis of and changes in gene expression in human lymphoma U937 cells exposed to argon-based cold atmospheric pressure plasma. INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE. 2016 Jun; 37(6) :1706-14.
  4. Tojo N, Abe S, Miyakoshi M, Hayashi A. Correlation between short-term and long-term intraocular pressure fluctuation in glaucoma patients. Clin Ophthalmol. 2016 Sep 2;10:1713-7.
  5. Nakamura T, Ueda-Consolvo T, Oiwake T, Hayashi A. Correlation between outer retinal layer thickness and cone density in patients with resolved central serous chorioretinopathy. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2016 Dec; 254(12):2347-2354.
  6. 石田聖朗,大塚光哉,阿部慎也,東條直貴,林篤志.網膜中心静脈閉塞症に対するtPA網膜静脈内注入術の手術成績.臨床眼科.2016 Apr 15;70(4):499-503.
  7. 東條直貴.トラベクトームの手術手順と術後成績.眼科手術.2016 Oct;29 (4):551-555.
  8. 藤田和也,三原美晴,掛上謙,石田聖朗,田村了以,林 篤志.視線追跡装置を用いた甲状腺機能亢進症の衝動性眼球運動速度の検討.眼科臨床紀要.2016 9(2):136-140.
  9. 矢合隆昭,石田聖朗,中村友子,コンソルボ上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志.Inverted ILM flap techniqueを用いた黄斑円孔の手術成績.臨床眼科.2016;70:1281-286.
  10. 阿部慎也,コンソルボ上田朋子,石田聖朗,中村友子,中川拓也,水島 健,林 篤志.網膜中心静脈閉塞症に対する抗VEGF薬療法中網膜血管酸素飽和度の変化.眼科臨床紀要.2016;9(9):756-760.
  11. 林由美子,林 顕代,奥村詠里香,中川拓也,掛上 謙,追分俊彦,淵澤千春,林 篤志.富山大学附属病院眼科におけるビジョンエイド外来の現状.日本視能訓練士協会誌.2016Dec;45:285-291.
症例報告
  1. Yunoki T, Nakamura Y, Fuchizawa C, Hayashi A. Reconstructive Surgery of the Upper Eyelid Using the Residual Tarsus after Excision of Sebaceous Gland Carcinoma. Ophthalmology. 2016 Jul ; 308-314.
  2. 林 顕代,追分俊彦,奥村詠里香,掛上 謙,中川拓也,林由美子,三原美晴.黄斑偏位を伴う大角度の外斜視に対し斜視手術を施行した一例.日本視能訓練士協会誌.2016Dec;45:109-112.
学会報告
  1. Hayashi A. Retinal oximetry of CRVO after surgical interventions. Glasgow Oximetry Workshop Program; 2016 Jan 7-8; Glasgow.
  2. Hayashi A, Abe S, Miyakoshi M, Nakagawa T. Correlation of parameters of laser speckle flowgraphy and retinal oximeter in healthy subjects. ARVO 2016 Annual meeting; 2016 May 1-5; Seattle.
  3. Mihara M, Kakeue K, Fujita K, Tamura R, Hayashi A. Quantifcation of fixation stability of upward gaze in myathenia gravis by using an eye-trackingsystem. ARVO 2016 Annual meeting; 2016 May 1-5; Seattle.
  4. 林 篤志.黄斑疾患外科治療の最近の話題.第260回長野県眼科医会集談会;2016 Mar 13;松本.
  5. 中村友子,矢合隆明,コンソルボ上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志.抗VEGF療法中の心血管イベントの発症に関する検討.第337回金沢眼科集談会;2016 Apr 3;金沢.
  6. 林 篤志.網膜中心静脈閉塞症に対する網膜血管内治療の成績.第120回日本眼科学会総会.2016 Apr 7-10;仙台.
  7. 東條直貴.コンタクトレンズセンサーを用いた持続的眼圧測定変動測定による新知見.第120回日本眼科学会総会;2016 Apr 7-10;仙台.東條直貴,阿部慎也,宮越茉莉,林 篤志.緑内障視野障害の進行速度と短期及び長期の眼圧変動の相関.第120回日本眼科学会総会;2016 Apr 7-10;仙台.
  8. 山根真,栗山晶治,小堀朗,林 篤志,柳沢秀一郎,櫻井寿也,今井尚徳,門之園一明.黄斑円孔網膜剥離に対する内境界膜剥離と内境界膜翻転法による治療成績の比較.第120回日本眼科学会総会;2016 Apr 7-10;仙台.
  9. 柚木達也,淵澤千春,村上 純,今川幸宏,林 篤志.急激な皮下血腫を初発とした涙腺部Burkittリンパ腫の1例.第120回日本眼科学会総会;2016 Apr 7-10;仙台.
  10. 中村友子,追分俊彦,林 篤志.中心性漿液性網脈絡膜症の黄斑部錐体密度と網膜外層厚の経時的観察.第120回日本眼科学会総会;2016 Apr 7-10;仙台.
  11. 柚木達也,中村泰久,淵澤千春,林 篤志.瞼縁に限局した脂腺癌切除後に残った結膜瞼板を前転して眼瞼を再建した一例.第74回富山眼科集談会;2016 May 22;富山.
  12. 畑 恵里,東條直貴,阿部慎也,宮越茉莉,矢合隆昭,林 篤志.Ad interno trabeculectomyの手術成績と術後成績に影響する因子の検討.第74回富山眼科集談会;2016 May 22;富山.
  13. 入江真理,林 篤志.富山県アイバンクにおける2015年度献眼実績報告.第74回富山眼科集談会;2016 May 22;富山.
  14. 藤田和也,三原美晴,掛上 謙,田村了以,林 篤志.視線追跡装置を用いた外斜視患者の衝動性眼球運動速度の測定.第72回日本弱視斜視学会総会,第41回日本小児眼科学会総会;2016 Jun 24-25;横浜.
  15. 小西幸恵,入江真理,林 篤志.富山大学附属病院における献眼に関する意思の有無を伺うシステム導入報告と今後の展望.第15回日本組織移植学会,学術集会;2016 Aug 27;富山.
  16. 矢合隆昭,中村友子,コンソルボ上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志.近視性脈絡膜新生血管に対する抗VEGF療法前後のOCTA所見.第63回福井県眼科集談会;2016 Sep 3;福井.
  17. 東條直貴,阿部慎也,宮越茉莉,矢合隆昭,林 篤志.落屑緑内障に対するトラベクトーム前後での眼圧日内変動の変化.第27回日本緑内障学会;2016 Sep17-19;横浜.
  18. 柚木達也,林 篤志.切除不能涙腺原発脂腺癌に対するS-1併用放射線療法の1例.第34回日本眼腫瘍学会;2016 Oct1-2 ;神戸.
  19. 畑 恵里,東條直貴,阿部慎也,宮越茉莉,矢合隆昭,林 篤志.Ab interno trabeculectomyの手術成績と術後成績に影響する因子の検討.第70回日本臨床眼科学会;2016 Nov 3;京都.
  20. 宮越茉莉,追分俊彦,中村友子,矢合隆昭,コンソルボ上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志.滲出型加齢黄斑変性におけるOCT上の黄斑部面積と視力の関係.第70回日本臨床眼科学会;2016 Nov3-6;京都.
  21. 藤田和也,三原美晴,掛上 謙,林 篤志.Spot vision screenerとRT-7000の屈折検査結果の比較.第36回金沢医科大学眼科研究会;2016 Nov13;金沢.
  22. 宮腰晃央,上野智浩,仁井見英樹,柳沢秀一郎,北島 勲,林 篤志.PCRを用いた眼内炎起炎菌の迅速同定法の確立.第75回富山眼科集談会;2016 Nov 23;富山.
  23. 柚木達也,中村泰久,林 篤志.当院における眼窩壁骨折の治療について.第75回富山眼科集談会;2016 Nov 23;富山.
  24. 阿部慎也,宮腰晃央,林 篤志.血管内t-PA注入術により視力が改善した網膜中心動脈閉塞症の一例.第75回富山眼科集談会;2016 Nov 23;富山.
  25. 入江真理,堀 惠一,柴垣幸子,今井睦人,高島 豊,狩野俊哉,林 篤志,追分俊彦.富山県版スマート運用に向けて.第75回富山眼科集談会;2016 Nov 23;富山.
  26. 矢合隆昭,中村友子,コンソルボ上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志.近視性脈絡膜新生血管に対する抗VEGF療法前後のOCTA所見.第55回日本網膜硝子体学会総会;2016 Dec 2-4;東京.
  27. 阿部慎也,中村友子,岩佐芳夫,加藤 剛,林 篤志.再発中心性漿液性脈絡網膜症に対するエプレレノン内服の検討.第55回日本網膜硝子体学会総会;2016 Dec 2-4;東京.
  28. コンソルボ上田朋子,尾崎真由美,中村友子,矢合隆昭,柳沢秀一郎,阿部慎也,林 篤志.血管内皮機能障害と加齢黄斑変性に対する抗VEGF薬の投与頻.;第70回日本臨床眼科学会;2016 Dec 3-6;京都.
  29. コンソルボ上田朋子,尾崎真由美,中村友子,矢合隆昭,柳沢秀一郎,阿部慎也,林 篤志.血管内皮機能障害と加齢黄斑変性に対する抗VEGF薬の投与頻度.第338回金沢眼科集談会;2016 Dec 18;金沢.
その他
  1. 林 篤志.緑内障早期なら点眼薬.讀賣新聞(13版,朝刊).2016 Apr 4;3:地域:24.
  2. 林 篤志.論点.眼科手術.2016 Apr;29(2):205.
  3. 林 篤志.巻頭言 -眼科診療と手術の将来は?-.眼科手術.2016 Oct 29(24):539.
  4. 林 篤志.論点.眼科手術.2016 Oct;29(4):575.
  5. 柚木達也.がん温熱療法におけるBAG3の役割とその関連分子の同定.Toyama Science GALA 2016.
  6. 宮腰晃央,中村友子,林 篤志.Abataceptにより寛解し得た強膜炎の症例.第34回金沢医科大学眼科研究会:2014 Oct 9;石川.
  7. Hayashi A.2016 Honor Award Recipients based on contributions through 2016 (San Francisco)meeting.American Society of Rentina Speclallsts.
著 書
  1. 林 篤志,大谷倫裕.網膜静脈閉塞症の最新治療.眼科手術.2015 Jan;28(1):3.
  2. 林 篤志,大谷倫裕.網膜剥離手術の考え方と実際.眼科手術.2015 Jul;28(3):3.
  3. 柳沢秀一郎.強度近視黄斑円孔網膜剥離.眼科手術.2015 Jul;28(3):322-7.
  4. 東條直貴.緑内障治療のアップデート(眼科臨床エキスパート).杉山和久,谷原秀信編集.東京:医学書院;2015.レーザー線維柱帯形成術の適応,術式,成績;p.158-67.
  5. 東條直貴.アーメド緑内障バルブ手術後の合併症.眼科手術.2015 Oct;28(4):500-4.
  6. 林 篤志.【これからの眼底血管評価法】Retinal oximetry.臨床眼科.2015 Dec;69(13):1774-9
原 著
  1. Tachino H, Fujisaka M, Fuchizawa C, Tsubota M, Takakura H, Ishida M, Hayashi A, Shojaku H. Endonasal flap suture-dacryocystorhinostomy (eFS-DCR): a new surgical technique for nasolacrimal duct obstruction (NLDO). Acta Otolaryngol. 2015 Feb; 135(2): 162-8.
  2. Yunoki T, Tabuchi Y, Hayashi A, Kondo T. BAG3 protects against hyperthermic stress by modulating NF-κB and ERK activities in human retinoblastoma cells. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2015 Mar; 253(3): 399-407.
  3. Tojo N, Hayashi A, Miyakoshi A. Corneal decompensation following filtering surgery with the Ex-PRESS(®) mini glaucoma shunt device. Clin Ophthalmol. 2015 Mar 17; 9: 499-502.
  4. Nakamura T, Daikoku T, Shiraki K, Hayashi A. Detection of cytomegalovirus in an immunocompetent adult presenting with acute retinal necrosis due to varicella-zoster virus: a case report. Clin Ophthalmol. 2015 May 13; 9: 853-8.
  5. Ueda-Consolvo T, Otsuka M, Hayashi Y, Ishida M, Hayashi A. Microperimetric Biofeedback Training Improved Visual Acuity after Successful Macular Hole Surgery. J Ophthalmol. 2015; 2015: 572942.
  6. Ueda-Consolvo T, Fuchizawa C, Otsuka M, Nakagawa T, Hayashi A. Analysis of retinal vessels in eyes with retinitis pigmentosa by retinal oximeter. Acta Ophthalmol. 2015 Sep; 93(6): e446-50.
  7. 林由美子,林 顕代,奥村詠里香,中川拓也,掛上 謙,追分俊彦,林 篤志.黄斑部疾患に対する眼底視野計maiaTMを用いた偏心視獲得訓練の効果.あたらしい眼科.2015 Jan;32(1):144-8.
  8. 加藤 剛,矢合隆昭,矢合郁子,林 篤志.硝子体手術既往のある血管新生緑内障眼に対するEX-PRESSTM併用濾過手術.眼科手術.2015 Jan;28(1):133-7.
  9. 柚木達也,田渕圭章,林 篤志,近藤 隆.BAG3を標的としたがん温熱療法の可能性.放射線生物研究.2015 Mar;50(1):54-66.
  10. 中川拓也,コンソルボ上田朋子,林 篤志.白内障手術前後の網膜血管酸素飽和度および血管径の測定.あたらしい眼科.2015 Apr;32(4):587-90.
  11. 大塚光哉,コンソルボ上田朋子,中村友子,東條直貴,藤田和也,柳沢秀一郎,林 篤志.網膜内層に微小嚢胞様変化のある特発性黄斑上膜の術後予後.臨床眼科.2015 May;69(5):647-52.
  12. 藤田和也,三原美晴,掛上 謙,中村友子,田村了以,林 篤志.視線追跡装置を用いた健常者と外転神経麻痺患者の衝動性眼球運動速度の比較.眼科臨床紀要.2015 Jul;8(7):488-91.
  13. 矢合都子,中村友子,矢合隆昭,藤田和也,武田祥子,東條直貴,加藤 剛,林 篤志.近視性脈絡膜新生血管の抗VEGF療法による長期成績.臨床眼科.2015 Aug;69(8):1153-8.
  14. 奥村詠里香,追分俊彦,掛上 謙,林 顕代,中川拓也,林由美子,林 篤志.白内障手術前後における白内障混濁別の散乱光の変化.日視能訓練士協誌.2015 Dec;44:97-102.
  15. 掛上 謙,藤田和也,田村了以,三原美晴.視線追跡装置による衝動性眼球運動速度の計測.日視能訓練士協誌.2015 Dec;44:177-82.
症例報告
  1. 宮腰晃央,中村友子,林 篤志.Abantaceptにより寛解し得た強膜炎の症例.眼科臨床紀要.2015 Apr;8(4):273.
学会報告
  1. Yunoki T, Tabuchi Y, Hayashi A, Kondo T. Bcl-2 associated athanogene 3 protects against hyperthermic stress by modulating nuclear factor- kappa B and extracellular signal-regulated kinase activities in human retinoblastoma cells. The 5th Asia-ARVO; 2015 Feb 16-19; Yokohama.
  2. Hayashi A, Otsuka M, Ishida M, Oiwake T. Recovery of cone photoreceptors at the macula after concussion of the retina. ARVO 2015 Annual Meeting; 2015 May 3-7; Danver.
  3. Yunoki T, Tabuchi Y, Hayashi A, Kondo T. Enhancement of hyperthermia-induced apoptosis by silencing BAG3 plus inhibitor of the JNK pathway in oral squamous cell carcinoma cells. The 15th International Congress of Radiation Research; 2015 May 25-29; Kyoto.
  4. Hayashi A, Ueda-Consolvo T. Retinal oximetry in central retinal vein occlusion by Oxymap T1. ASRS 34th Annual Meeting; 2015 Aug 10-14; California.
  5. Nakamura T. Recovery of Macular Photoreceptors Observed by an Adaptive Optics Fundus Camera in Vogt-Koyanagi-Harada Disease. 13th Congress of International Ocular Inflammation Society and Third Assembly of Ocular Inflammation Societies; 2015 Sep 25-27; San Francisco.
  6. 林由美子,淵澤千春,林 篤志.富山大学附属病院におけるビジョンエイド外来の現状.第15回日本ロービジョン学会学術総会;2014 Nov 1-3;大宮.(2014年未掲載分)
  7. コンソルボ上田朋子,淵澤千春,藤田和也,中村友子,大塚光哉,中川拓也,林 篤志.Oxymap T1を用いた網膜色素変性の血管解析.第58回福井県眼科集談会;2015 Feb 1;福井.
  8. 柚木達也,田渕圭章,林 篤志,近藤 隆.ヒト網膜芽細胞腫においてBAG3はNF-κBおよびERK活性を調整し温熱負荷に対し保護的に作用する.第119回日本眼科学会総会;2015 Apr 16;札幌.
  9. 中村友子,大塚光哉,石田聖朗,宮腰晃央,追分俊彦,林 篤志.補償光学眼底カメラによるVogt小栁原田病の黄斑部視細胞の経時的観察.第119回日本眼科学会総会;2015 Apr 16;札幌.
  10. 石田聖朗,中村友子,大塚光哉,上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志.網膜中心静脈閉塞症に対するt-PA血管内注入治療.第335回金沢眼科集談会;2015 Apr 26;金沢.
  11. 石田聖朗,中村友子,大塚光哉,コンソルボ上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志.網膜中心静脈閉塞症に対する血管内手術.第72回富山眼科集談会;2015 May 24;富山.
  12. 藤田和也,三原美晴,掛上 謙,石田聖朗,田村了以,林 篤志.視線追跡装置を用いた甲状腺機能亢進症の衝動性眼球運動速度の検討.第71回日本弱視斜視学会総会;2015 Jul 3-4;神戸.
  13. 中村友子,慶野 博,眞鍋 歩,中山真紀子,渡辺交世,林 篤志,岡田アナベルあやめ.妊娠16週に発症しトリアムシノロンアセトニドテノン嚢下注射で治療した原田病の1例.第49回日本眼炎症学会;2015 Jul 10;大阪.
  14. 石田聖朗,東條直貴,水島 健,阿部慎也,林 篤志.当院におけるab interno trabeculotomyの短縮治療成績.第61回福井県眼科集談会;2015 Sep 5;福井.
  15. 堀 隆,林 篤志,井村穣二.富山大学病院における眼球硝子体病理検査の改良と成績.第32回日本臨床細胞学会 北陸支部連合会学術集会;2015 Sep 6;金沢.
  16. 東條直貴,林 顕代,石田聖朗,宮腰晃央,林 篤志.コンタクトレンズセンサーによる緑内障型別の眼圧日内変動測定結果の解析.第26回日本緑内障学会;2015 Sep 11-13;名古屋.
  17. 三原美晴,藤田和也,掛上 謙,田村了以,林 篤志.重症筋無力症患者に対する視線追跡装置を用いた上方注視の定量化の試み.第69回日本臨床眼科学会;2015 Oct 22-25;名古屋.
  18. 東條直貴,中村友子,宮腰晃央,林 篤志.強膜炎に伴う緑内障に対してトラベクトーム®を施行した1症例.第69回日本臨床眼科学会;2015 Oct 22-25;名古屋.
  19. 石田聖朗.当院における網膜中心静脈閉塞症に対するtPA血管内注入術の短期成績.第69回臨床眼科学会;2015 Oct 22-25;名古屋.
  20. 矢合隆昭,石田聖朗,中村友子,コンソルボ上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志.inverted ILM flap techniqueを用いた黄斑円孔の手術成績.第69回日本臨床眼科学会;2015 Oct 22-25;名古屋.
  21. 藤田和也,三原美晴,掛上 謙,石田聖朗,田村了以,林 篤志.甲状腺眼症の衝動性眼球運動速度の変化.第35回金沢医科大学眼科研究会;2015 Nov 1;金沢.
  22. 林 顕代,追分俊彦,奥村詠里香,掛上 謙,中川拓也,林 由美子,三原美晴.黄斑偏位を伴う大角度の外斜視に対し斜視手術を施行した一例.第56回日本視能矯正学会;2015 Nov 7;東京.
  23. 林由美子,入江真理,淵澤千春,林 篤志.網膜色素変性患者への拡大読書器と文書読み上げ装置の選定.第16回日本ロービジョン学会学術総会;2015 Nov 21-22;東京.
  24. 中村友子,矢合隆昭,上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志.加齢黄斑変性に対するTreat&Extend法の治療成績.第73回富山眼科集談会;2015 Nov 23;富山.
  25. 矢合隆昭,コンソルボ上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志.富山大学眼科における近視性黄斑分離に対する手術成績.第54回日本網膜硝子体学会総会;2015 Dec 4-6;東京.
  26. 阿部慎也,コンソルボ上田朋子,石田聖朗,中村友子,中川拓也,水島 健,林 篤志.網膜中心静脈閉塞症に対する抗VEGF薬療法中の網膜血管酸素飽和度の変化.第54回日本網膜硝子体学会総会;2015 Dec 4-6;東京.
  27. 柚木達也,中村泰久,淵澤千春,林 篤志.瞼縁に限局した脂腺癌切除後に残った結膜瞼板を前転して眼瞼を再建した一例.第3回日本眼形成再建外科学会学術集会;2015 Dec 12-13;岡山.
  28. 阿部慎也,柳沢秀一郎,コンソルボ上田朋子,林 篤志.ILM翻転法を用いた黄斑円孔網膜剥離の術後成績.第336回金沢眼科集談会;2015 Dec 20;金沢.
著 書
  1. 林 篤志:今日の治療指針2014年版.福井次矢他編.東京:医学書院;2014.眼科救急疾患:p. 1332-3.
原 著
  1. Miyakoshi A, Ozaki H, Otsuka M, Hayashi A. Efficacy of Intraoperative Anterior Segment Optical Coherence Tomography during Descemet’s Stripping Automated Endothelial Keratoplasty. ISRN Ophthalmol. 2014 Feb 2; 2014: 562062.
  2. Okabe M, Kitagawa K, Yoshida T, Suzuki T, Waki H, Koike C, Furuichi E, Katou K, Nomura Y, Uji Y, Hayashi A, Saito S, Nikaido T. Hyperdry human amniotic membrane is useful material for tissue engineering: Physical, morphological properties, and safety as the new biological material. J Biomed Mater Res A. 2014 Mar; 102(3): 862-70.
  3. Tojo N, Otsuka M, Miyakoshi A, Fujita K, Hayashi A. Improvement of fluctuations of intraocular pressure after cataract surgery in primary angle closure glaucoma patients. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2014 Sep; 252(9): 1463-8.
  4. Tojo N.Oka M.Miyakoshi A.Ozaki H.Hayashi A.Comparison of fluctuations of intraocular pressure before and after selective laser trabeculoplasty in normal-tension glaucoma patients.J Glaicoma. 2014 Oct-Nov; 23(8): e138-43.
  5. 岡 都子,中村友子,宮腰晃央,東條直貴,矢合隆昭,柳沢秀一郎,林 篤志.黄斑下血腫の治療法別の術後成績.眼科臨床紀要.2014 Sep;7(7):511-4.
  6. 林 篤志.加齢黄斑変性.ファルマシア.2014 Mar;50(3):212-6.
  7. 東條直貴,林 篤志.ラタノプロスト点眼液0.005%の先発品からジェネリック品への切替効果.新薬と臨牀.2014 Sep;63(9):1471-4.
症例報告
  1. 尾崎弘典,矢合都子,種市尋宙,道具伸浩,林 篤志.両眼の急激な視力低下をきたし,ステロイド治療により改善をみた視交叉炎の1例.臨床眼科.2014 Apr;68(4):545-51.
学会報告
  1. Hayashi A. Retinal oximetry in patients with retinitis pigmentosa and optic atrophy. OXIMETRY WORKSHOP; 2014 Jan 17-18; Birmingham.
  2. Nakamura T, Tojo N, Oiwake T, Fuchizawa C, Hayashi A. Macular photoreceptor changes in adaptive optics images of patients with retinitis pigmentosa. WOC; 2014 Apr 2-6; Tokyo.
  3. Tojo N. Comparison of fluctuations of intraocular pressure before and after cataract surgery in primary angle closure glaucoma patients. WOC; 2014 Apr 2-6;Tokyo.
  4. Ueda Consolvo T, Fuchizawa C, Otsuka M, Nakagawa T, Hayashi A. Oxymap T1 analysis of retinal vessels in eyes with retinitis pigmentosa. WOC; 2014 Apr 2-6; Tokyo.
  5. Higashi S, Sotozono C, Hayashi A, Matsuda S, Shimomura Y. Vancomycin Ophthalmic Ointment 1% for MRSA,MRSE,or MRCNS Ocular Infections. WOC; 2014 Apr 2-6; Tokyo.
  6. Yunoki T, Tabuchi Y, Hayashi A, Kondo T. Inhibition of polo-like kinase 1 promotes hyperthermia sensitivity via inactivation of heat shock transcription factor 1 in human retinoblastoma cells.  World Ophthalmology Congress, WOC; 2014 Apr 2-6; Tokyo.
  7. Hayashi A, Nakamura T, Otsuka M, Miyakoshi A, Oiwake T, Uda T : Observation of microcystic changes in the inner retina with adaptive optics fundus camera. ARVO; 2014 May 4-8; Orlando.
  8. Miyakoshi A, Nakamura T, Tojo N, Hayashi A. Abnormal fluctuations of the accomodation in Patients with mild Keratoconus. ARVO; 2014 May 4-8; Orlando.
  9. Hayashi A. Retinal oximetry in patients with retinitis pigmentosa and optic atrophy.ASRS 32nd annual meeting.;2014 Aug 9-13 ; San Diego.
  10. Yunoki T, Tabuchi Y, Hayashi A, Kondo T. BAG3 acts protectively against Hyperthermia-induced apoptosis through modulation of nuclear factor kappa B activity in human retinoblastoma Y79 cells. The 6th Asian Congress of Hyperthemic Oncology ; Sep 4-6 Fukui.
  11. Mihara M, Kakeue K, Fujita K, Tamura R, Hayashi A. Monitoring the velocity of saccades by using an eye tracking device. 12th meeting of the International Strabismological Association. 2014 Dec 1-4, Kyoto.
  12. 加藤 剛,矢合都子,矢合隆昭,林 篤志:硝子体手術既往のある血管新生緑内障眼に対するEX-PRESS®併用濾過手術.第37回日本眼科手術学会総会.2014 Jan 17,京都
  13. 宮腰晃央、林篤志:円錐角膜における調節異常.角膜カンファランス2014 Jan 30-Feb 1沖縄.
  14. コンソルボ上田朋子,淵沢千春,藤田和也,中村友子,大塚光哉,中川拓也,林 篤志.Oxymap T1を用いた網膜色素変性の血管解析.第58回福井県眼科集談会;2014 Feb 1福井.
  15. 柚木達也,田渕圭章,林篤志,近藤隆:ヒト網膜芽細胞腫においてPLK1の機能阻害によるHSF1の活性化抑制はハイパーサーミアの増殖抑制および殺細胞効果を増強する.第16回癌治療増感研究シンポジウム.2014 Feb 7-8,奈良.
  16. 黒田 文,柳沢秀一郎,コンソルボ上田朋子,林 篤志.硝子体黄斑牽引症候群に残存した黄斑円光の2例.第333回金沢眼科集談会;2014 Apr 27;金沢.
  17. 黒田 文,中村友子,宮腰晃央,藤田和也,上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志.ラニビズマブ硝子体投与に抵抗を示した加齢黄斑変性に対するアフリベルセプト硝子体投与.第70回富山眼科集談会;2014 Jun 29;富山.
  18. 東條直貴,大塚光哉,藤田和也,中村友子,宮腰晃央,柳沢秀一郎,林 篤志.血管新生緑内障に対するチューブシャント手術後6ヶ月の成績.第59回福井県眼科集談会;2014 Aug 30;福井.
  19. 追分俊彦,林 顕代,中川拓也,奥村詠里香,掛上 謙,林 由美子,林 篤志.心因性視力障害に対する補償光学眼底カメラを用いた網膜視細胞の評価.第50回日本眼光学学会;2014 Sep 7;石川.
  20. 東條直貴,大塚光哉,藤田和也,中村友子,宮腰晃央,柳澤秀一郎,林 篤志.血管新生緑内障に対するチューブシャント手術後6ヶ月成績.第25回日本緑内障学会;2014 Sep 21;大阪.
  21. 宮腰晃央,中村友子,林 篤志.Abataceptにより寛解し得た強膜炎の症例.第34回金沢医科大学眼科研究会;2014 Nov 9;石川.
  22. 矢合都子,中村友子,矢合隆昭,藤田和也,武田祥子,東條直貴,加藤 剛,林 篤志:近視性脈絡膜新生血管に対するベバシズマブ硝子体内投与の長期成績.第68回日本臨床眼科学会2014 Nov 13-16,兵庫.
  23. 大塚光哉,上田朋子,中村友子,東條直貴,藤田和也,黒田 文,柳沢秀一郎,林 篤志:網膜内層に微小嚢胞様変化のある特発性黄斑上膜の術後予後.第68回日本臨床眼科学会2014 Nov 13-16,兵庫.
  24. コンソルボ上田朋子,藤田和也,中村友子,大塚光哉,黒田 文,中川拓也,林 篤志:OxymapT1を用いた糖尿病網膜症の網膜血管解析.第68回日本臨床眼科学会2014 Nov 13-16,兵庫.
  25. 中村友子,黒田 文,宮腰晃央,藤田和也,上田朋子,柳沢秀一郎,林 篤志:再発した加齢黄斑変性に対するアフリベルセプト硝子体投与.第68回日本臨床眼科学会2014 Nov 13-16,兵庫.
  26. コンソルボ上田朋子,藤田和也,中村友子,大塚光哉,中川拓也,林 篤志.OxymapT1を用いた糖尿病網膜症のオキシメトリー.第71回富山眼科集談会;2014 Nov 24;富山.
  27. 大塚光哉,コンソルボ上田朋子,中村友子,東條直貴,藤田和也,柳沢秀一郎,林 篤志.網膜内層に微小嚢胞様変化のある特発性黄斑上膜の視力予後.第71回富山眼科集談会;2014 Nov 24;富山.
  28. コンソルボ上田朋子,大塚光哉,藤田和也,中村友子,林 由美子,林 篤志:眼底微小視野計を用いた黄斑円孔術後のロービジョントレーニング.第53回日本網膜硝子体学会総会・第31回日本眼循環学会合同学会,2014 Nov 28-30,大阪.
  29. 大塚光哉,柳沢秀一郎,上田朋子,林 篤志:黄斑円孔網膜剥離に対するinverted ILM flap techniqueの有無による手術成績の比較.第53回日本網膜硝子体学会総会・第31回日本眼循環学会合同学会,2014 Nov 28-30,大阪.
  30. 奥村詠里香,追分俊彦,掛上謙,林 顕代,中川拓也,林 由美子,林 篤志:眼内散乱光測定装置 C-Quant を用いた白内障眼の検討.第55回日本視能矯正学会,2014 Nov 29,京都.
  31. 掛上 謙,三原美晴,田村了以,藤田和也,追分俊彦,中川拓也,林 顕代,奥村詠里香,林 由美子:視線追跡装置による衝動性眼球運動速度の計測.第55回日本視能矯正学会,2014 Nov 29,京都.
  32. 藤田 和也,三原 美晴,田村 了以,掛上 謙,林 篤志.健常者と外転神経麻痺患者の衝動性眼球運動速度の比較.ポスター発表.第70回日本弱視斜視学会総会・第39回日本小児眼科学会総会・アメリカ小児眼科斜視学会 合同学会.2014 Nov 29-Dec 1.京都
  33. 藤田和也,三原美晴,田村了以,掛上 謙,林 篤志.アイトラッカーを用いた健常者と外転神経麻痺患者の衝動性眼球運動速度の比較.第334回金沢眼科集談会;2014 Dec 21;石川.
  34. 原由香利,入江真理,林 篤志.富山県における2013年度献眼実績報告.第70回富山眼科集談会,2014 Jun 29;富山.
その他
  1. 林 篤志.病気のシグナルⅢ 老化に伴う病気の治療⑧ 静かに進行する緑内障.北日本新聞(朝刊).2014 Apr 2:11.
  2. 林 篤志.加齢黄斑変性について.千寿製薬株式会社 社外講師勉強会;2014 May 31;京都.
  3. 林 篤志.黄斑疾患の最新の治療.富山県眼科医会 第45回東海北陸ブロック講習会;2014 Jun 14;富山.
  4. 林 篤志.黄斑疾患の薬物治療と手術治療.第8回EOOS勉強会特別講演;2014 Jun 21;沖縄.
  5. 宮腰晃央.前眼部疾患の診断と治療の考え方.アゾルガ発売記念富山講演会;2014 Aug 7;富山.
  6. 宮腰晃央,中村友子,林 篤志.Abataceptにより寛解し得た強膜炎の症例.第34回金沢医科大学眼科研究会:2014 Oct 9;石川.
  7. 林 篤志.黄斑疾患の最新の検査と治療.第62回山梨県眼科集談会:2014 Oct 18;山梨
著 書
  1. 林 篤志:黄斑疾患の治療 黄斑円孔・黄斑上膜に対する治療.「Pharma Medica」,65-69,メディカルビュー社,東京,2013.
原 著
  1. Okabe M., Kitagawa K.,Yoshida T., Suzuki T., Waki H ., Koike C., Furuichi E., Katou K., Nomura Y., Uji Y., Hayashi A., Saito S., Nikaido T. Hyperdry human amniotic membrane(HD-AM)is useful material for tissue engineering:Physical,morphological properties and safety as the new biological material.J Biomed Mater Res A.2013 Apr 16.
  2. Yunoki T., Kariya A., Kondo T., Hayashi A., Tabuchi Y. The combination of silencing BAG3 and inhibition of the JNK pathway enhances hyperthermia sensitivity in human oral squamous cell carcinoma cells. Cancer Lett ,2013 Feb 8.
  3. Tojo N., Nakamura T., Ozaki H., Oka M., Oiwake T and Hayashi A. Analysis of macular cone photoreceptors in a case of occult macular dystrophy. Clinical Ophthalmology 2013 7: 859-864.
  4. 尾崎弘典,中村友子,矢合隆昭,岡 都子,加藤 剛,御手洗慶一,柳沢秀一郎,林 篤志:近視性網膜分離症の手術成績とガスタンポナーデの検討.臨床眼科,67,4,2013.4:481-484.
  5. 矢合隆昭,柳沢秀一郎,加藤 剛,岡 都子,中村友子,東條直貴,御手洗慶一,林 篤志:糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術後の視力と光干渉断層計所見の検討.臨床眼科,67,10,2013.10:1661-1666.
  6. 追分俊彦,林 篤志:補償光学を適用した眼底カメラrtx1TMを用いて観察した網膜光傷害の一例.日本視能訓練士協会誌,42,2013.12:185-189.
  7. 林 由美子,奥村詠里香,中川拓也,追分俊彦,柴田千恵,林 篤志:富山大学附属病院眼科におけるロービジョン患者へのアンケート調査結果.日本視能訓練士協会誌,42,2013.12:191-199.
症例報告
  1. 1) コンソルボ 上田朋子:眼循環障害のOCTと網膜血管酸素飽和度.第30回日本眼循環学会.2013,7,19-20.東京.
学会報告
  1. Hayashi A., and Sato S. Histologic changes in the Retina and the Choroid After Atelocollagen Gel Injection into the Suprachoroidal Space of Rabbit Eyes. 10th ISOPT Clinical – The Inernational Symposium on Ocular Pharmacology and Therapeutics. 2013, 3, 7-10, Paris, France.
  2. Tojo N., Mitarai K., Oka M., Miyakoshi A., Hayashi A. Comparison of fluctuations of intraocular pressure before and after selective laser trabeculoplasty in normal tension glaucoma.ARVO Annual Meeting 2013 May 5-9,2013. Seattle, Washington.
  3. Hayashi A., Nakamura T., Tojo N., Ueda T., Oiwake T., Miyakoshi A., Ozaki H. Cone photoreceptors at the fovea after serous retinal detachment observed with adaptive optics fundus camera(rtx1).ARVO Annual Meeting 2013, May 5-9,2013, Seattle, Washington.
  4. Nakamura T., Oiwake T., Ueda T., Miyakoshi A., Hayashi A.Recovery of photoreceptors in the macula of idiopathic choroidal neovascularization observed with adaptive optics fundus camera. ARVO Annual Meeting 2013 May 5-9, 2013, Seattle Washington.
  5. 宮腰晃央,中村友子,林 篤志:色付きコンタクトレンズを装着したままレーザー脱毛を施行し角膜上皮障害を起こした一例,角膜カンファランス2013,2013,2,14-16,和歌山.
  6. 御手洗慶一,上田朋子,東條直貴,柳沢秀一郎,林 篤志:大型黄斑円孔に対するInverted ILM Flap techinique手術.第331回金沢眼科集談会,2013,4,14,金沢.
  7. 東條直貴 御手洗慶一 岡 都子 宮腰晃央 林 篤志.NTG患者に対するSLT前後での眼圧日内変動の変化.第117回日本眼科学会総会 2013,4,4-7,東京.
  8. 中村友子 上田朋子 追分俊彦 東條直貴 宮腰晃央 林 篤志 補償光学眼底カメラによるMEWDSとAZOORの黄斑部視細胞の観察.第117回日本眼科学会総会 2013,4,4-7,東京.
  9. 中村友子,藤田和也,宮腰晃央,上田朋子,東條直貴,御手洗慶一,淵澤千春,柳沢秀一郎,林 篤志:治療経過に基づいた滲出型加齢黄斑変性の管理.第68回富山眼科集談会,2013,5,26,富山.
  10. 大塚光哉,柳沢秀一郎,コンソルボ上田朋子,林 篤志:Inverted ILM flap テクニックを用いた黄斑円孔網膜剥離の2例.第57回福井県眼科集談会,2013,9,7,福井
  11. 中川拓也,上田朋子,追分俊彦,大塚光哉,藤田和也,林 篤志:Oxymap T1を用いた白内障手術前後の網膜血管酸素飽和度および網膜血管径の測定.第49回日本眼光学学会総会,2013,9,7-8,京都.
  12. 東條直貴、大塚光哉、黒田 文、宮腰晃央、林 篤志:NTG患者に対するSLT前後での眼圧日内変動の変化.第33回金沢医科大学眼科研究会,2013,11,10,金沢.
  13. 尾崎弘典、大塚光哉、黒田 文、林 篤志:視神経炎の治療前後における黄斑部網膜内層厚の変化.第51回日本視神経眼科学会総会,2013,11,22-23,秋田.
  14. 矢合都子,加藤 剛,尾崎弘典,矢合隆昭:血漿交換療法が奏功した抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎の一例.第69回富山眼科集談会,2013,11,24,富山.
  15. 大塚光哉,黒田 文,林 由美子,尾崎弘典,淵沢千春,林 篤志:黄斑疾患による視力不良例に対する偏心視訓練の効果.第69回富山眼科集談会,2013,11,24,富山.
  16. 中村友子,上田朋子,追分俊彦,林 篤志:補償光学眼底カメラによる中心性漿液性網脈絡膜症の黄斑部視細胞の経時的観察.第332回金沢眼科集談会,2013,12,15,金沢.
講演
  1. 林 篤志:富山大学における指導体制.日本眼科学会専門医制度第7回指導医講習会,2013,4,6,東京.
  2. 林 篤志:「加齢黄斑変性の治療戦略」.第4回石川黄斑疾患講演会,2013,4,20,金沢.
  3. 林 篤志:「最近の網膜硝子体疾患の手術治療と病診連携」.第90回網膜病変談話会 興和株式会社,2013,4,25,東京.
  4. 林 篤志:「黄斑疾患の最近の手術と検査」.第5回NOC(Nagasaki Ophthalmic Club) 日本アルコン株式会社,2013,7,25,長崎.
  5. 林 篤志:「AO眼底カメラRtx1で何がみえる?」.Pfizer Glaucoma Symposium 2013 ファイザー株式会社,2013,8,4,東京.
  6. 柳沢秀一郎:「硝子体注射の実践」.富山大学STEP ノバルティスファーマ株式会社 日本アルコン株式会社,2013,8,11,東京.
  7. 林 篤志:「加齢黄斑変性を理解しよう」.第29回日本視機能看護学会学術総会,2013,9,14-15,富山.
  8. 林 篤志:「最近の硝子体手術と病診連携」.第2回泉北 Ophthalmic セミナー,2013,10,12,大阪.
その他
  1. 林 篤志:病気のシグナルⅡ 加齢の医学⑨ 失明につながる緑内障,北日本新聞,2013,1,23.
  2. 御手洗 慶一:【新しい緑内障手術】カナロプラステイ.臨床眼科,67,1:30-35,2013.(解説/特集)
  3. 林 篤志:眼科における抗VEGF薬治療,医報とやま,2013,2,1,富山.
  4. 淵澤千春:女医さんの診察室 ドライアイの疑いも… なごやか,2013,3,兵庫.
  5. 林 篤志:『日本初“視細胞”撮影カメラ』.「富山大学キャンパスレポートTom’sTV」KNB北日本放送,2013,4,7,富山.
  6. 林 篤志:「その他の網膜硝子体疾患」第66回日本臨床眼科学会印象記,眼科4,55,4.2013.
  7. 柳沢秀一郎:講話「加齢に伴う目の病気」.-平成25年度老人クラブリーダー研修会,2013,5,16,富山.
  8. 林 篤志(座長):OCTで見た眼循環障害-New Version・OCTで魅せる症例報告-第30回日本眼循環学会,2013,7,19-20 東京.
  9. 柳沢秀一郎:眼科における救急疾患.第37回インシデント事例検討会,2013.8.29,富山.
  10. 宮腰晃央,中村友子,藤田和也,矢合隆昭,矢合都子,尾崎弘典,林 篤志:富山大学医学部眼科学講座 後期臨床研修医日記,あたらしい眼科10:1421-1423,メディカル葵出版,東京,2013.
  11. 林 篤志:「富山眼科集談会」の沿革.眼科臨床紀要6(11):912,文光堂,東京,2013.
  12. 林 篤志:手遅れにならないうちに発見したい眼の病気.「ヘルスアップセミナーin富山」クスリのアオキ,2013,11,16,富山.
著 書
  1. 林 篤志:灌流ポートのトラブルアドバイス.網膜硝子体手術SOS,49-50,医学書院,2012.
  2. 林 篤志:1.空気.眼手術学7網膜・硝子体Ⅰ,276-277,文光堂,2012.
  3. 林 篤志:2.長期滞留ガス(SF6,C3F8).眼手術学7網膜・硝子体Ⅰ,278-283,文光堂,2012.
原 著
  1. Ueda T., Gomi F., Suzuki M., Sakaguchi H., Sawa M., Kamei M., and Nishida K.: Usefulness of Indocyanine green angiography to depict the distant retinal vascular anomalies associated with branch retinal vein occlusion causing serous macular detachment.Retina, 32, 2 : 308-313, 2012. .
  2. Nakamura T., Miyakoshi A., Fujita K., Yunoki T., Mitarai K., Yanagisawa S., Fuchizawa C., and Hayashi A.: One-year results of photodynamic therapy combined with intravitreal ranibizumab for exudative age-related macular degeneration. J Ophthalmol, 2012 : 154659.
  3. Ueda-consolvo T., Miyakoshi A., Ozaki H., Houki S., and Hayashi A. Near-infrared fundus autofluorescence-visualized melanin in the choroidal abnormalities of neurofibromatosis type 1.Clin Ophthalmol, 6:1191-1194, 2012.
  4. Yunoki T., Miyakoshi A., Nakamura T., Fujita K., Fuchizawa C., and Hayashi A. Treatment of macular edema due to branch retinal vein occlusion with single or multiple intravitreal injections of bevacizumab. Jpn J Ophthalmol 56(2):159-164, 2012.
  5. Tabuchi Y., Kariya A.,Yunoki T., and Kondo T.: Genes invoved in the cell death induced by knockdown of heat shock transcription factor 1in human oral squamous cell carcinoma HSC-3 cells. Thermal Med, 28: 29-42, 2012.
  6. 林 篤志:アダプティブオプティクス眼底カメラによる視細胞の観察.眼科手術,25,3:383-386,2012.
  7. 岡 都子,柳沢秀一郎,矢合隆昭,中村友子,東條直貴,池田成子,吉田丈俊,林 篤志:未熟児網膜症の発生頻度と治療法の変遷.眼科臨床紀要,5,8:774-778,2012.
  8. 林 篤志:黄斑上膜と脈絡膜厚に関する最近の知見.日本眼科学会雑誌,116,11:1025-1027,2012.
  9. 柚木達也,刈谷文子,近藤 隆,林 篤志,田渕圭章:正常ヒト線維芽細胞における温熱ストレスに応答するヒートショックタンパク質Aファミリー分子の遺伝子発現解析.日本ハイパーサーミアー学会誌28,4:73-85,2012.
症例報告
  1. Miyakoshi A., Takemoto M., Shiraki K., and Hayashi A.: Varicella -Zoster Virus Keratitis with Asymptomatic Conjunctival Viral Shedding in the Contralateral Eye. Case Rep Ophthalmol, 3:343-348, 2012.
学会報告
  1. Tojo N., Ueda T., Oiwake T., Nakamura T., Miyakoshi A., Yagou T., Oka M., and Hayashi A.: Changes in cone photoreceptors with an adaptive optics fundus camera in cases of occult macular dystrophy, light-damaged maculopathy, and cone-rod dystrophy. ARVO Annual meeting Fort Lauderdale Florida 2012, 5, 5-10, USA.
  2. Nakamura T., Miyakoshi A., Fujita K., Yunoki T., Mitarai K., Yanagisawa S., Fuchizawa C., and Hayashi A.: One-year results of photodynamic therapy combined with intravitreal ranibizumab for exudative age-related macular degeneration. WOC2012, 2,16-20, Abu Dhabi, United Arab Emirates.
  3. Yunoki T., Mitarai K., Yanagisawa S., Ishida N., and Hayashi A.: Effects of vitrectomy on recurrent macular edema due to branch retinal vein occlusion after intravitreal injection of bevacizumab. WOC2012, 2, 16-20, Abu Dhabi, United Arab Emirates.
  4. Nakamura T., Yunoki T., Mitarai K., Yanagisawa S., Fuchizawa C., and Hayashi A.: Reduced –fluence photodynamic therapy for chronic central serous chorioretinopathy. The 27th APAO Congress 2012, 4, 13-16, Busan, Korea.
  5. Yunoki T., Tabuchi Y., Kariya A., and KondoT.: Gene expression profilingin HSF1-knockdown human oral squamous cell carcinoma HSC-3 cells. The 11thInt. Congress of Hyperthermic Oncol.& The 29th Jpn. Congress of ThermalMed., 2012, 8, 28-31, Kyoto, Japan.
  6. 岡 都子,宮腰晃央,矢合隆昭,中村友子,藤田和也,淵澤千春,林 篤志:眼科周術期における抗血小板・抗凝固療法の影響.第35回日本眼科手術学会総会,2012,1,27-29,名古屋.
  7. 尾崎弘典,東條直貴,淵澤千春,追分俊彦,中村友子,上田朋子,林 篤志:網膜色素変性症における自発蛍光とAoカメラによる観察.第54回福井県眼科集談会,2012,2,5,福井.
  8. 中村友子,上田朋子,追分俊彦,東條直貴,林 篤志:補償光学眼底カメラrtx1TM による網膜剥離消失後の視細胞の観察.第116回日本眼科学会,2012,4,5-8,東京.
  9. 矢合隆昭,柳沢秀一郎,岡 都子,上田朋子,東條直貴,柚木達也,御手洗慶一,林 篤志:富山大学における糖尿病黄斑浮腫術後成績.第329回金沢眼科集談会,2012,4,22,金沢.
  10. 東條直貴,中村友子,上田朋子,追分俊彦,林 篤志:補償光学を適用した眼底カメラを用いて観察したOccult macular dystrophyの一例.第66回富山眼科集談会,2012,5,27,富山
  11. 中村友子,上田朋子,追分俊彦,東條直貴,林 篤志:補償光学眼底カメラrtx1TM による網膜剥離消失後の視細胞の観察.第66回富山眼科集談会,2012,5,27,富山.
  12. 三原美晴,林 由美子,柴田千恵,追分俊彦,中川拓也,奥村詠里香,林 篤志:当院における成人外斜視の治療結果.第68回日本弱視斜視学会総会,2012,6,30,名古屋.
  13. 柴田千恵,追分俊彦,林 由美子,中川拓也,奥村詠里香,三原美晴:当科における斜視に対する膜プリズム処方と適応.第68回日本弱視斜視学会総会,2012,6,30,名古屋.
  14. 尾崎弘典,東條直貴,淵澤千春,追分俊彦,水野敏博,林 篤志:補償光学眼底カメラを用いて観察した白点状眼底の1例.第48回日本眼光学学会総会,2012,9,1-2,東京
  15. 御手洗慶一,岡 都子,中村友子,柳沢秀一郎,林 篤志:黄斑上膜手術における視力とOCT所見の検討.第55回福井県眼科集談会,2012,9,8,福井.
  16. 林 篤志:黄斑変性と補償光学.第60回日本臨床視覚電気生理学会,2012,10,5-6,名古屋.
  17. 矢合隆昭,柳沢秀一郎,加藤 剛,岡 都子,中村友子,上田朋子,東條直貴,御手洗慶一,林 篤志:糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術後の視力とOCT所見の検討.第66回日本臨床眼科学会,2012,10,25-28,京都.
  18. 中村友子,上田朋子,追分俊彦,宮腰晃央,東條直貴,淵澤千春,林 篤志:補償光学眼底カメラによる特発性脈絡膜新生血管の黄斑部視細胞の観察.第66回日本臨床眼科学会,2012,10,25-28,京都.
  19. 御手洗慶一,岡 都子,中村友子,柳沢秀一郎,林 篤志:黄斑上膜の硝子体手術における内境界膜はく離の有無による視力とOCT所見の検討.第66回日本臨床眼科学会,2012,10,25-28,京都.
  20. 檜垣史郎,外園千恵,林 篤志,下村嘉一:バンコマイシン塩酸塩眼軟膏の製造販売後調査.第66回日本臨床眼科学会,2012,10,25-28,京都.
  21. 尾崎弘典,中村友子,矢合隆昭,岡 都子,柚木達也,御手洗慶一,柳沢秀一郎,林 篤志:近視性黄斑分離症の手術成績とガスタンポナーデに関する検討.第66回日本臨床眼科学会,2012,10,25-28,京都.
  22. 林 由美子,柴田千恵,追分俊彦,中川拓也,奥村詠里香,林 篤志:富山大学病院におけるロービジョン患者の現状.第13回日本ロービジョン学会学術総会,2012,10,6-7 東京.
  23. 追分俊彦,中川拓也,奥村詠里香,林 由美子,林 顕代,掛上 謙,林 篤志:補償光学眼底カメラによる多発一過性白点症候群の視細胞形態の観察.第53回視能矯正学会,2012,11,10-11,横浜.
  24. 淵澤千春,藤坂実千郎,舘野宏彦,将積日出夫,林 篤志:当院における涙嚢鼻腔吻合術(鼻内法)の手術成績.第67回富山眼科集談会,2012,11,23,富山.
  25. 中村友子,上田朋子,追分俊彦,東條直貴,林 篤志:補償光学眼底カメラによる特発性脈絡膜新生血管の黄斑部視細胞の観察.第67回富山眼科集談会,2012,11,23,富山.
  26. 岡 都子,矢合隆昭,中村友子,宮腰晃央,東條直貴,御手洗慶一,柳沢秀一郎,林 篤志:黄斑下血腫の治療別の術後成績の比較.第51回日本網膜硝子体学会総会,2012,11,30-2,山梨.
  27. 淵澤千春,中川拓也,尾崎弘典,林 篤志:Oxymap T1を用いて観察した網膜色素変性眼底の検討.第330回金沢眼科集談会,2012,12,16,金沢.
  28. 宮腰晃央,石田誠夫,遠藤紳一郎,松木佐代子,山口達夫,林 篤志:フェムトセカンドレーザーによる屈折矯正手術の試み.第112回新潟眼科集談会,2012,12,23,新潟.
その他
  1. 三原美晴:「成人の斜視治療について」富山県視能訓練士会講演会.2012,2,19,富山.
  2. 林 篤志:テーマ「老化と病気」知っておこう!老化に伴う目の病気.市民公開講座病気のシグナルVol.5.2012,2,25,富山.
  3. 林 篤志:「黄斑診療アップデート」.第23回さざなみ眼科研究会.2012,4,21,大津.
  4. 林 篤志:「黄斑診療アップデート」.第127回広島県眼科医会講演会.2012,4,22,広島.
  5. 三原美晴,林 由美子,柴田千恵,追分俊彦,中川拓也,奥村詠里香,林 篤志:当院における成人外斜視の治療結果.第68回日本弱視斜視学会総会,2012,6,30,名古屋,学会若手支援プログラム賞受賞.
  6. 柴田千恵,追分俊彦,林 由美子,中川拓也,奥村詠里香,三原美晴:当科における斜視に対する膜プリズム処方と適応.第68回日本弱視斜視学会総会,2012,6,30,名古屋,学会賞受賞.
  7. 林 篤志:「黄斑診療アップデート」.第110回南大阪眼科勉強会.2012,8,18,大阪.
  8. 林 篤志:「加齢にともなう目の病気」.富山県いきいき長寿大学すこやか生活講座.2012,9,3.
  9. 柳沢秀一郎:「加齢にともなう目の病気」.富山県いきいき長寿大学すこやか生活講座.2012,9,13.
  10. 林 篤志:「黄斑疾患アップデート」.第147回和歌山眼科集談会.2012,9, 13,和歌山.
  11. 宮腰晃央:角膜移植の現状について.高岡市民病院アイバンク講演会.2012, 12, 13,富山.
  12. 林 篤志:「黄斑診療アップデート」.第330回金沢眼科集談会,2012,12,16,金沢.
著 書
  1. 林 篤志:光線力学療法(PDT). 眼科学第2版 大鹿哲郎編,1389-1391,文光堂,東京,2011.
  2. 林 篤志:経瞳孔的温熱療法(TTT). 眼科学第2版 大鹿哲郎編,1391-1392,文光堂,東京,2011.
原 著
  1. Takeda S., Kitagawa K., Watanabe K.,Yanagisawa S., and Hayashi A.: Recurrent pupillary sulcus fixated-intraocular lens captures in a patient with atopic dermatitis (case report ). Toyama Medical Journal, 21(1): 40-42, 2010.
  2. Hohki S., Ohguro N., Haruta H., Nakai K., Terabe F., Serada S., Fujimoto M., Nomura S., Kawahata H., Kishimoto T., and Naka T.: Blockade of interleukin-6 signaling suppresses experimental autoimmune uveoretinitis by the inhibition of inflammatory Th17 responses. Exp Eye Res, 91(2) : 162-70, 2010.
  3. Hayashi A., Ueta Y., Yunoki T., Mitarai K., Miyakoshi A., Takeda S., Fujita K., Watanabe K., Yanagisawa S., and Kitagawa K.: Short-term effects of intravitreal injection of bevacizumab on macular edema due to central retinal vein occlusion. Nihon Ganka Gakkai Zasshi. 114(4): 347-55, 2010.
  4. Kitagawa K., Okabe M., Yanagisawa S., Zhang XY., Nikaido T., and Hayashi A.: Use of a hyperdried cross-linked amniotic membrane as initial therapy for corneal perforations. Jpn J Ophthalmol , 55(1) : 16-21, 2011.
  5. Hayashi A., Yagou T., Nakamura T., Fujita K., Oka M., and Fuchizawa C.: Intraoperative changes in idiopathic macular holes by spectral-domain optical coherence tomography. Case Report Ophthalmol, 2(2) : 149-54, 2011.
  6. Fujita K., Kitagawa K., Ueta Y., Nakamura T., Miyakoshi A., and Hayashi A.: Short-term results of canaloplasty surgery for primary open-angle glaucoma in Japanese patients. Case report Ophthalmol, 14;2(1) : 65-8, 2011.
  7. Haruta H., Ohguro N., Fujimoto M., Hohki S., Terabe F., Serada S., Nomura S., Nishida K., Kishimoto T., and Naka T.: Blockade of interleukin-6 signaling suppresses not only th17 but also interphotoreceptor retinoid binding protein-specific Th1 by promoting regulatory T cells in experimental autoimmune uveoretinitis. Invest Ophthalmol Vis Sci, 17;52(6): 3264-71, 2011.
  8. Du ZJ., Yamamoto T., Ueda T., Suzuki M., Tano Y., and Kamei M.: Activated protein C rescues the retina from ischemia-induced cell death. Invest Ophthalmol Vis Sci. 23;52(2): 987-93, 2011.
  9. Hayashi A., Yunoki T., Miyakoshi A., Mitarai K., Fujino T., and Yanagisawa S.: Intravitreal injection of bevacizumab combined with macular grid laser photocoagulation for macular edema in branch retinal vein occlusion. Jpn J Ophthalmol, 55(6): 625-31, 2011.
  10. 宮腰晃央,加藤 剛,柚木達也,御手洗慶一,柳沢秀一郎,林 篤志:黄斑円孔の術後うつ伏せ期間の違いによる手術成績の検討.第64回日本臨床眼科学会講演集, 65, 4 : 505-508, 2011.
  11. 中村友子, 宮腰晃央,藤田和也,藤野貴啓,三原美晴,柚木達也,御手洗慶一,柳沢秀一郎,淵澤千春,林 篤志:滲出型加齢黄斑変性に対するラニビズマブ硝子体投与併用光線力学療法の6カ月経過.臨床眼科, 65, 4 : 481-485, 2011.
  12. 三原美晴,中村友子,藤田和也,宮腰晃央,林 篤志:小眼球症の小児2症例の黄斑部OCT所見.第35回日本小児眼科学会. 眼科臨床紀要,4,5:442-447,2011.
学会報告
  1. Hayashi A., Yagou T., Nakamura T., Fujita K., Oka M., Yunoki T., Yanagisawa S., and Fuchizawa C.: Intraoperative use of a handheld SD-OCT for macular surgery. ASRS 29th Annual Meeting Boston Massachusetts, 2011, 8, 20-24, USA.
  2. 中村友子,柳沢秀一郎,藤田和也,藤野貴啓,柚木達也,御手洗慶一,淵澤千春,林 篤志:当科で施行した原因不明の硝子体出血手術例の検討.第34回日本眼科手術学会総会, 2011, 1, 28-30, 京都.
  3. 藤田和也,矢合隆昭,中村友子,柚木達也,法貴 哲,御手洗慶一,柳沢秀一郎,淵澤千春,林 篤志:トラベクレクトミー術後濾過胞の三次元前眼部光干渉断層計所見.第52回福井県眼科集談会, 2011, 2, 6, 福井.
  4. 杉本 潤:ヒト羊膜幹細胞の存在部位の検討.第10回日本再生医療学会総会, 2011,3,1-2,東京.
  5. 矢合隆昭,柳沢秀一郎,法貴 哲,秋岡直樹,桑山直也,林 篤志:硬膜動静脈瘻による両眼うっ血乳頭の一例.第327回金沢眼科集談会, 2011, 4, 17,金沢.
  6. 中村友子,柚木達也,藤田和也,宮腰晃央,法貴 哲,御手洗慶一,柳沢秀一郎,淵澤千春,林 篤志:硝子体手術時の強膜創関連裂孔の発生頻度―20G・23G・25G―の比較検討.第115回日本眼科学会総会, 2011, 5, 12-15,東京.
  7. 岡 都子,宮腰晃央,中村友子,藤田和也,淵澤千春,林 篤志:眼科手術時に抗血小板・抗凝固薬を中止したほうがよいか.第64回富山眼科集談会, 2011,5, 22,富山.
  8. 矢合隆昭,柚木達也,柳沢秀一郎,岡 都子,宮腰晃央,林 篤志:黄斑疾患に対する術中OCTの活用.第64回富山眼科集談会, 2011, 5, 22, 富山.
  9. 尾崎弘典,柚木達也,林 篤志:網膜静脈分枝閉塞症に対するbevacizumab硝子体注射後に発症した網膜細動脈瘤.第53回福井県眼科集談会, 2011, 9, 4, 福井.
  10. 追分俊彦,林 篤志:補償光学眼底カメラ(rtx1TM)で観察した網膜光障害の一例.第47回日本眼光学学会総会, 2011, 9,3-4,東京.
  11. 宮腰晃央,藤野貴啓,淵澤千春,林 篤志:角膜内皮移植術における術中前眼部OCTの有用性.第65回日本臨床眼科学会,2011,10,7-10,東京.
  12. 柚木達也,柳沢秀一郎,御手洗慶一,石田誠夫,林 篤志:網膜静脈分枝閉塞症に伴う再発する黄斑浮腫に対する硝子体手術.第65回日本臨床眼科学会, 2011,10,7-10,東京.
  13. 宮腰晃央,藤田和也,中村友子,柚木達也,林 篤志:当院における翼状片手術についての検討.第31回金沢医科大学眼科研究会, 2011, 11, 6,金沢.
  14. 中村友子,加藤 剛,柚木達也,御手洗慶一,淵澤千春,柳沢秀一郎,林 篤志:中心性漿液性網脈絡膜症に対する低照射エネルギー光線力学療法の治療成績.第65回富山眼科集談会,2011,11,23,富山.
  15. 上田朋子,中村友子,追分俊彦,矢合隆昭,岡 都子,柚木達也,淵澤千春,柳沢秀一郎,林 篤志:黄斑疾患におけるadaptive optics眼底カメラを用いた観察.第65回富山眼科集談会,2011,11,23,富山.
  16. 矢合隆昭,柚木達也,柳沢秀一郎,岡 都子,宮腰晃央,林 篤志:黄斑疾患に対する術中OCTの有用性.第50回日本網膜硝子体学会,2011,12,2-4,東京.
  17. 岡 都子,柳沢秀一郎,池田成子,吉田丈俊,林 篤志:未熟児網膜症の発生頻度と治療法の変遷.第50回日本網膜硝子体学会,2011,12,2-4,東京.
  18. 淵澤千春,追分俊彦,矢合隆昭,岡 都子,尾崎弘典,水野敏博,林 篤志:補償光学眼底カメラrtxltmを用いて観察した白点状眼底の一例.第328回金沢眼科集談会,2011,12,11,金沢.
著 書
  1. 三原美晴::小児の眼科疾患 2.屈折異常 .チャイルドヘルスVol.13 No.6,2010
原 著
  1. 林篤志,植田芳樹,柚木達也,御手洗慶一,宮腰晃央,武田祥子,藤田和也,渡辺一彦,柳沢秀一郎,北川清隆:網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するbevacizumab硝子体内投与の短期効果.日本眼科学会雑誌 第114巻 第4号 p347-355 2010
  2. 宮腰晃央,柳沢秀一郎,植田芳樹,武田祥子,柚木達也,御手洗慶一,渡辺一彦,北川清隆,林篤志:富山大学における網膜剥離の手術成績-20ゲージ・23ゲージ・25ゲージでの比較検討. 第63回日本臨床眼科学会講演集 原著 臨床眼科 第64巻 第4号 2010.4.15(医学書院)64(4):p537-541,2010
  3. Kiyotaka KITAGAWA, Motonori OKABE, Atsushi HAYASHI, Toshio NIKAIDO:Combined use of a novel dried cross-linked amniotic membrane and tissueadhesive to conjunctival defect following multiple trabeculectomy.Toyama Medical Journal Vol.20 No.1:p40-42 , 2009
学会報告
  1. A.Hayashi,Y.Ueta,T.Yunoki,K.Mitarai,A.Miyakoshi,K.Fujita,S.Yanagisawa:Short-term effects of intravitreal injection of bevacizumab (IVB) on macular edema due to central retinal vein occlusion. ARVO Annual Meeting 2010, 5, 2-6, Fort Lauderdale Florida.
  2. A Hayashi:How can we implement sustainable eye-care programs in the asia-pacific region?-past,present,and future . The 25th APAO Congress – A Joint Meeting of APAO/AAO 2010, 9, 17-20, Beijin China.
  3. 柳沢秀一郎,植田芳樹,宮腰晃央,御手洗慶一,柚木達也,渡辺一彦,北川清隆,林篤志: 裂孔原性網膜剥離に対す硝子体手術時の裂孔閉鎖方法の違い.第33回日本眼科手術学会総会 2010.1.22,東京.
  4. 柳沢秀一郎,植田芳樹,宮腰晃央,御手洗慶一,柚木達也,渡辺一彦,北川清隆,林篤志: 裂孔原性網膜剥離に対す硝子体手術時の裂孔閉鎖方法の違い.第50回福井県眼科集談会 2010.2.7,福井.
  5. 北川清隆,張学云,林篤志(富山大学医学部眼科),岡部素典,二階堂敏雄(富山大学医学部再生医学):新規乾燥羊膜の眼科臨床応用.第11回島根県眼科冬期学術講演会 2010.2.7,島根.
  6. 藤田和也:抗VGEF薬の硝子体注射後眼内炎. 第325回金沢眼科集談会 2010.4.4,金沢.
  7. 藤田和也,北川清隆,植田芳樹,武田祥子,宮腰晃央,中村友子,藤野貴啓,林篤志:当科で行ったカナロプラスティーの術後成績.第62回富山眼科集談会 2010.5.16,富山.
  8. 中村友子,宮腰晃央,藤田和也,藤野貴啓,三原美晴,柚木達也,淵澤千春,御手洗慶一,柳沢秀一郎,北川清隆,林篤志:加齢黄斑変性に対するルセンティス注射併用光線力学療法の6ヶ月経過.第62回富山眼科集談会 2010.5.16,富山.
  9. 加藤剛,宮腰晃央(高岡市民病院),淵澤千春(富山大学):ベーチェット病による難治性網膜ぶとう膜炎に牽引性網膜剥離を合併した患者に対し、インフリキシマブ導入後に硝子体手術を行った1例. 第62回富山眼科集談会 2010.5.16,富山.
  10. 大田妙子,藤木俊寛,山田恵子,小西道雄(市立砺波病院),井尻茂之(金沢大),林篤志(富山大),岡田アナベルあやめ(杏林大),大黒伸行(大阪大):インフリキシマブが奏功した14歳発症の難治性多巣網脈絡膜炎の1例. 第44回日本眼炎症学会 2010.7.9,東京.
  11. 三原美晴,中村友子,藤田和也,宮腰晃央,林篤志:小眼球症の小児2症例の黄斑部OCT所見.第66回日本弱視斜視学会総会・第35回日本小児眼科学会総会合同学会 2010.7.2-3,東京.
  12. 藤田和也,中村友子,武田祥子(富山赤十字病院),藤野貴啓,柚木達也,御手洗慶一,柳沢秀一郎,林篤志:近視性脈絡膜新生血管に対するbevacizumab注射の治療成績.第27回日本眼循環学会 2010.7.30,京都.
  13. 矢合隆昭,柚木達也,柳沢秀一郎,御手洗慶一,藤田和也,中村友子,林篤志:硝子体切除後の続発性黄斑円孔の治療について. 第51回福井県眼科集談会 2010.9.5,福井.
  14. 杉本潤,Helene Bernstein,陣野吉廣,Danny Schust:ヒト内在性レトロウイルスenvタンパクSuppressynは細胞融合を抑制する.日本人類遺伝学会第55回大会 2010.10.27-30,埼玉
  15. 法貴哲,淵澤千春,柳沢秀一郎,林篤志:インフリキシマブが奏効した肉芽腫性ぶどう膜炎の1例.第30回金沢医科大学眼科研究会 2010.11.7,金沢.
  16. 中村友子,宮腰晃央,藤田和也,藤野貴啓,柚木達也,御手洗慶一,柳沢秀一郎,三原美晴,淵澤千春,林篤志:加齢黄斑変性に対するラニビズマブ硝子体投与併用光線力学療法の6ヶ月経過.第64回日本臨床眼科学会 2010.11.11-14,神戸.
  17. 柚木達也,柳沢秀一郎,御手洗慶一,藤野貴啓,藤田和也,中村友子,林篤志:BRVOに対するベバシズマブ硝子体内注射の1回投与群と複数回投与群との比較検討.第64回日本臨床眼科学会 2010.11.11-14,神戸.
  18. 宮腰晃央,加藤剛(高岡市民病院),柚木達也,御手洗慶一,柳沢秀一郎,北川清隆,林篤志:黄斑円孔の術後うつ状せ時間による手術成績の比較検討.第64回日本臨床眼科学会 2010.11.11-14,神戸.
  19. 矢合隆昭,藤田和也,中村友子,柳沢秀一郎,北川清隆,林篤志:最近6年間の角膜移植手術成績.第63回富山眼科集談会 2010.11.23,富山.
  20. 宮腰晃央,加藤剛(高岡市民病院),柚木達也,御手洗慶一,柳沢秀一郎,林篤志:黄斑円孔の術後うつ伏せ時間による手術成績の比較検討.第63回富山眼科集談会 2010.11.23,富山.
  21. 矢合隆昭,柚木達也,柳沢秀一郎,御手洗慶一,藤田和也,中村友子,林篤志:硝子体切除後の続発性黄斑円孔の治療について.第49回日本網膜硝子体学会総会・第16回日本糖尿病眼学会総会 2010.11.26-28,大阪.
  22. 淵澤千春,林篤志(富山大学),岩佐芳夫(済生会富山病院),高櫻明子(富山市民病院内科):アセタゾラミド内服によってアナフィラキシーショックを生じた一例.第326回金沢眼科集談会 2010.12.12,金沢.
その他
  1. 御手洗慶一:抗VEGF薬の使い方.第35回富山眼科開業医 臨床懇話会 2010.1.14,富山.
  2. 林篤志:黄斑疾患の治療.特別講演 第12回ボーダレス眼科臨床研究会 2010.4.4,大阪.
  3. 柚木達也:血管新生黄斑症の治療成績.第36回富山眼科開業医 臨床懇話会 2010.4.8,富山.
  4. 林篤志:黄斑疾患治療の課題.特別講演 第102回沖縄眼科集談会 2010.6.26,沖縄.
  5. 林篤志:最近の黄斑疾患の治療.特別講演 北陸3県病診連携教育講演会 2010.7.4,金沢.
  6. 藤野貴啓:当院で行われている眼形成分野の治療.第37回富山眼科開業医臨床懇話会 2010.7.8,富山.
  7. 柳沢秀一郎:網膜色素変性症について.網膜色素変性症の講演会 2010.7.24,富山.
  8. 淵澤千春:アレルギー性眼疾患について.第51回富山県耳鼻咽喉科臨床研究会 2010.9.16,富山.
著 書
  1. 林 篤志:極小切開硝子体手術の現状.日本の眼科,80:3:311-312, 2009.
  2. 林 篤志:糖尿病網膜症と血管閉塞性疾患.眼科プラクティス,26:192-195,2009.
  3. 林 篤志:網膜切開の功罪.眼科プラクティス,30:170-172, 2009.
  4. 林 篤志:増殖性硝子体網膜症.眼科プラクティス,30:274-275, 2009.
  5. 御手洗 慶一:加齢黄斑変性に対する抗VEGF薬の硝子体内注射.眼科ケア,11:12:1198-1201,2009.
原 著
  1. K Watanabe, Zhang X.Y, K Kitagawa, T Yunoki, and A Hayashi.: The effect of clonidine on VEGF expression in human retinal pigment epithelial cells (ARPE-19). Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol, 247 : 207-213, 2009.
  2. A Hayashi, A Naseri, M E Pennesi, de Juan E Jr : Subretinal delivery of immunoglobulin g with gold nanoparticles in the rabbit eye. Jpn J Ophthalmol 53 : 249-256, 2009.
  3. K Kitagawa, S Yanagisawa, K Watanabe, T Yunoki, A Hayashi, M Okabe, and T Nikaido.: A Hyperdry Amniotic Membrane Patch Using a Tissue Adhesive for Corneal Perforations and Bleb Leaks : American Journal Of Ophthalmology ,148:3:383-389, 2009.
  4. 柚木達也,武田祥子,藤田和也,御手洗慶一,北川清隆,柳沢秀一郎,渡辺一彦,三原美晴,林篤志:網膜静脈分枝閉塞症に対するベバシズマブ硝子体内注射治療の効果.臨床眼科,63:5:679-682,2009.
  5. 武田祥子,藤田和也,柚木達也,三原美晴,渡辺一彦,柳沢秀一郎,北川清隆,林篤志:近視性脈絡膜新生血管に対するベバシズマブ硝子体内投与の効果.眼科臨床紀要,2:9:824-827,2009.
  6. 北川清隆,林篤志:あたらしい緑内障手術Canaloplasty用マイクロカテーテルiTrack250Aの使用経験.眼科臨床紀要,2:10:924-928,2009.
学会報告
  1. A Hayashi, S Takeda, K Mitarai, T Yunoki, A Miyakoshi, K Fujita, Y Ueta, K kitagawa, S Yanagisawa.: Effects of Intravitreal injections of Bevacizumab on Choroidal Neovascular Membrane in Pathologic Myopia. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2009 Annual Meeting 2009, 5, 3-7, Fort Lauderdale Florida.
  2. A Hayashi, Y Ueta, T Yunoki, A Miyakoshi, S Takeda, K Fujita, S Yanagisawa, K kitagawa.: Short-term Effects of Intraviteal Injection of Bevacizumab on Macular Edema Due to Central Retinal Vein Occlusion. Retina Congress, 2009, 9, 30-10, 4, New York.
  3. 宮腰晃央,植田芳樹,武田祥子,三原美晴,柚木達也,図師真弓,柳沢秀一郎,渡辺一彦,北川清隆,林篤志:当院における過去3年間の眼外傷の検討.第48回福井県眼科集談会,2009,2,15,福井.
  4. 北川清隆,林篤志,岡部素典,吉田淑子,二階堂敏雄:Hyper-dry乾燥羊膜による緑内障濾過胞からの房水漏出の治療.第8回日本再生医療学会総会,2009,3,5-6,東京.
  5. 植田芳樹,御手洗慶一,宮腰晃央,武田祥子,柚木達也,柳沢秀一郎,渡辺一彦,北川清隆,林篤志:網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するbevasizumab硝子体内投与の効果.第323回金沢眼科集談会,2009,4,5,金沢.
  6. 宮腰晃央,柳沢秀一郎,北川清隆,渡辺一彦,御手洗慶一,柚木達也,武田祥子,植田芳樹,林篤志:富山大学における網膜剥離の手術成績 -20G・23G・25Gでの比較検討-.第60回富山眼科集談会,2009,5,17,富山.
  7. 中村友子,柚木達也,植田芳樹,宮腰晃央,渡辺一彦,柳沢秀一郎,御手洗慶一,北川清隆,林篤志:硝子体手術時の強膜創関連裂孔の頻度 -20G・23G・25Gの比較検討-.第49回福井県眼科集談会,2009,9,6,福井.
  8. 北川清隆,植田芳樹,宮腰晃央,林篤志:あたらしい緑内障手術Canaloplasty用マイクロカテーテルiTrack250Aの使用経験.第63回日本臨床眼科学会,2009,10,9-12,福岡.
  9. 宮腰晃央,柳沢秀一郎,北川清隆,渡辺一彦,御手洗慶一,柚木達也,武田祥子,植田芳樹,林篤志:富山大学における網膜剥離の手術成績-20G・23G・25Gでの比較検討-.第63回日本臨床眼科学会,2009,10,9-12,福岡.
  10. 柚木達也,宮腰晃央,植田芳樹,御手洗慶一,柳沢秀一郎,渡辺一彦,北川清隆,林篤志:BRVOに伴う黄斑浮腫に対する黄斑部局所光凝固併用のベマシズマブ硝子体注射治療の効果.第63回日本臨床眼科学会,2009,10,9-12,福岡.
  11. 藤野貴啓,宮腰晃央,植田芳樹,渡辺一彦,柚木達也,御手洗慶一,柳沢秀一郎,北川清隆,林篤志:加齢黄斑変性症に対する光線力学療法併用のペガプタニブ硝子体内投与3ヶ月後の成績.第29回金沢医科大学眼科研究会,2009,10,18,金沢.
  12. 北川清隆,渡辺一彦,柳沢秀一郎,柚木達也,張学云,林篤志,岡部素典,二階堂敏雄:濾過胞からの房水漏出及び角膜穿孔に対するHyper-dry羊膜パッチの有用性.第20回日本緑内障学会,2009,11,13-15,沖縄.
  13. 宮腰晃央,中村友子,植田芳樹,藤野貴啓,三原美晴,柚木達也,図師真弓,御手洗慶一,渡辺一彦,柳沢秀一郎,北川清隆,林篤志:加齢黄斑変性に対するルセンティス注射を併用した光線力学療法の短期治療成績.第61回富山眼科集談会,2009,11,29,富山.
  14. 藤野貴啓,植田芳樹,渡辺一彦,宮腰晃央,柚木達也,柳沢秀一郎,北川清隆,林篤志:加齢黄斑変性症に対するペガプタニブ硝子体内投与併用の光線力学療法の3ヶ月の成績.3学会合同学会,2009,12,4-6,名古屋.
  15. 北川清隆,柳沢秀一郎,張学云,林篤志,岡部素典,二階堂敏雄:架橋乾燥羊膜の角膜穿孔への応用.第324回金沢眼科集談会,2009,12,13,金沢.